読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実行型人間になるには

人って、行動する前に、入念に準備しちゃう。
留学する前に、その国の語学勉強したり、完璧に仕上げる為に、何分もかけて、ブログを書いたり(これは僕です)。
もし、目的を早く達成したいなら、準備する前に、行動したほうがいいんじゃないかと最近、思い始めた。
ていうのも、為末大ホリエモンの本を読んで、そう思った。
彼らの本には、準備より先にその場所、環境に飛び込んだほうが重要だと書かれている。もちろん、失敗することのほうが多いが、失敗した原因を発見できるから、準備だけしかしていない人よりかは、収穫がある。


行動することによっての失敗は、次、行動するとき、何を、どれだけ、やればいいかという準備ができるからだ。準備なんていうのは、あとからでも、構わない。ていうか、先に行動しないと、自分には何がなくて、何があるのかも分からない。
僕も、似たような経験があって、高校のとき、サッカー部だったのだが、最初の練習試合のとき何も出来なかった。でも、それで、初めて、自分には何が足りないか確認することができたからこそ、それを補う準備ができた。これが、もし、先に、ものすごく準備して、試合に望んだとしても、何も出来ずに終わると思う。そうなったら、準備の時間はものすごく無駄な時間だ。どっちにしろ失敗するんなら、早いほうがいい。ていうか、どんな世界でも、最初から、成功なんてない。行動→失敗→準備→行動→失敗→準備、、、の繰り返しで、その延長線上に成功があるのだ。
ホリエモンの本にも、彼女がほしいなら、フラれることを経験しないと駄目だみたいなこと書いてあったけど、やっぱりそうだと思う。モテない人って、そういう経験する前に、恋愛マニュアル本やファッションセンスを磨こうとするけど、結局、行動に移せない。なぜなら、行動する前に、知識を入れると恐怖心が増すからだ。お化けの存在を知ると、お化け屋敷に入れなくなるのと、同じで、時に、知識というのは、行動を阻止する。だから、思いきって、準備せずに、その環境、場所に飛び込んじゃう。それで、ほとんどの場合は失敗する。でも、次、どうすれば成功できるかが、分かると思う。あと、失敗って、何度も経験すると、怖くなくなると思う。ジェットコースターの一回目より二回目の怖くない論でいけばだけど。いかんせん、ブログ書いてる僕が、行動にも、失敗にも、慣れてないから、全然説得力ないんだけど。
だから、僕含めて、皆に一つメッセージ。
行動して、失敗してください。そして、行動→失敗を繰り返して!