読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗が怖くて、行動できない

 前に、こんな記事を書いた。

 

thinkergirl.hatenablog.com

 読み返してみたが、文章が下手すぎて、読みにくい。

だから、改めて、前とは違う角度で、「行動できない理由」を書きたい。

行動できない一番の理由は、失敗が怖いからだ。

 

だから、失敗しても、怖くないのだと暗示できれば、行動できる。

さて、どうやって、失敗による恐怖を取り除く?

まず、どうなったら、「失敗が怖くて、行動できない」状態になるか考えよう。

  1. 自分の能力以上のことが来たとき
  2. 今までやったことがないこと
  3. 成功より失敗の確率の方が高い
  4. ....
  5. ....

次に、「行動した結果、失敗した」場合どうなるか考える。

  1. 周りから笑われる。恥をかく。
  2. 財産(金、友達)がなくなる。
  3. 告白してフラれた場合、次からきまづい
  4. ...
  5. ...

ここまでが、行動するための準備段階。

なぜ、「失敗が怖くて、行動できない」状態になるかも、もし、行動して、失敗したらどうなるかも、可視化すること。

紙にいちいち書いてみる。

これで、少しは、失敗が怖いという状態を軽減できる。

最後に行動に移すか移さないかの段階。

この決定によって三つの状態に振り分けられる。

  1. 現状維持(行動しない)
  2. 失敗(行動した)
  3. 成功(行動した)

行動したとしても、失敗する可能性がある。

ていうか、失敗する可能性のほうが高い。

でも、「成功は数多くの失敗の上になりたってる」という名言?があるみたいに失敗することは別に恥ずかしいことではない。

とはいっても、怖いと思う。

僕は、「失敗してもいい。恥をかいてもいい」と暗示する。

僕の場合は、それで、行動できたから、参考にして。