読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで気づいたこと

久しぶりのブログの更新。

ブログの更新が滞ってたのは、一人暮らしの準備やらなんやらで忙しかったからだ。

久しくブログを書いていないから、文章を考えるのが苦しい。

今日から、毎日、ブログを更新したら、文章を書くのも楽しくなってくるから、しばらくの辛抱。

さて、しばらく、ブログの更新をしてなかったから、何のテーマについて、書けばいいか迷ったが、やはり、ブログの更新できなかった理由である「一人暮らし」について書こう。

 

一人暮らしを始めた理由

一人暮らしを始めた理由は、「自由」になりたかったからだ。

一人暮らしをすると、費用は全部、自分で払わないといけない。その代り、自由にお金を使うことができる。

毎日、好きなものを食えるし、好きなところへ行けるし、いつでも人を呼べる。

それは、実家暮らしでは、味わえない。

ただ、一人暮らしで、「自由」を手に入れた反面、「責任」を負うようになった。

毎日、好きなものを食ってもいいけど、生活費を払えなくなっても知らないよという「責任」を背負うようになった。

 せっかく、自由を手に入れたのに、責任を背負うようになった。だから、今は、完全な自由ではないのかもしれない。一般的には、一人暮らしの大学生は、我慢を強いられる。一人暮らし=自由だと、僕は、実家暮らしのころから、考えていた。確かに、一人暮らしを始めて、自由だと感じることもあるが、その反面、恐怖がある。特に、お金のことだ。

まだ、一人暮らしを始めて間もないから、一か月に生活費がいくらかかるのかが、わからない。だから、一人暮らしをして、2,3日は、使うお金を管理しようとしたし、節約しようとした。

ただ、段々と、使うお金を管理するのも、節約するのもストレスになって、やめてしまった。

自由とは、お金にビクビクしないこと

正直、一人暮らしを始めて、数週間だから、お金の管理や節約をしないのが正解なのかどうか分からない。ただ、お金の管理や節約をしなくなって、分かったことがある。それは、日々、お金のことを考えることが少なくなるのだ。シンプルに欲しいものにお金を使えるようになった。毎日、自炊もしない。ファーストフードを食べたいと思ったら、食べた。毎日、自分の欲求を満たそうと、幸せに生きようとするようになった。たぶん、このままいくと、貯金額も尽きるだろうが、そのときは、そのときに考えようと思う。とりあえず、ストレスのない毎日を過ごすために、買いたいものは買うし、行きたいところはいこうとおもう。それで、今、楽しければいいだろう。貯金がゼロになるという恐怖がその先あっても、そのときに考えればいいし、別に、このご時世、それで、餓死して死ぬわけではない。否応なしでも生きれてしまう。だから、欲を満たすのに、お金を必要とするのなら、お金を費やす。その後の恐怖は、その時になって対処する。というか、リスクは考えない。今さえ楽しければいい。