読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想はすでにありますから

「なりたい」ではなく「なっている」

幸せに「なりたい」ではなく、幸せに「なっている」

お金持ちに「なりたい」ではなく、お金持ちに「なっている」

「なりたい」ではなく、「なっている」を意識する。

「なっている」という意識を持つことで、行動が変わる。

 

だって、幸せに「なっている」のだから、欲しいものを買うし、行きたいところには行っている。とりあえず、「なっている」状態だと、人は、欲通りに動けるということはわかってほしい。

そして、肝心の「なりたい」から「なっている」に変わるには、どうすればいいか。

まず、幸せに「なりたい」と思ってる人は、今、幸せではない。

幸せは「ない」という前提に立ってる。実はこれ、幸せは「ある」にできるし、もっと言えば、現時点で、幸せは「ある」。

理由は、自力で幸せに「なろう」としてしまうからだ。幸せでは「ない」という人は、何かを我慢している人だ。生活していくために、節約している。食べたいものを我慢しているとか。

だから、幸せでは「ない」のだ。節約しているなら、仕送りを増やしてもらう。食べたいものは、他人に、おごってもらえ。

要するに「自力」ではなく、「他力」を使えば、誰だって「なっている」にできる。

ただ、今まで「自力」で生きてきた人にすぐに「他力」を完璧に使いこなせるかと

言うと無理だと思う。

なぜなら、自分にとっての常識とは180度違うものを受け入れないとダメだから。

  • 他人に迷惑をかけてはいけない⇒他人に迷惑をかける
  • 仕事は自分ひとりでする⇒自分はサボって、他人にさせる

今まで、自力で生きてきた人は難しいかもしれない。理屈はわかっても動けない。

だから、僕が動けるようにする方法を伝授。

自己暗示トレーニング

毎日、今書くこと唱えてほしい。出来れば、意味も理解できるのなら、ベストだが、ただ唱えてもらっても構わない。何個も書くからそのうち数個でもいい。唱えてみて。

  • 他人に迷惑をかけてもいい
  • 他人に怒られてもいい
  • 他人に愛想つかされてもいい
  • 他人に屑だと思われていい
  • 楽してもいい
  • 失敗してもいい
  • 祝福されてもいい
  • 後悔してもいい
  • 金が尽きてもいい

などなどあるが、この中で自分に合うやつを選んでもいいし、なければ作ってもいい。

でも、この中のことは、全部他人に関連していることだから、その人に完璧にマッチした文章ではなくても、何割かはあっている文章のはずだ。

あと、「自力」でいきてきたあなたにとっては、考えられない思想かもしれないけど、ちょっとの間、付き合ってほしい。信じてほしい。

やってみたあと、わかるから。