読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然体に戻るには

自然体とは、自然の理に適ってる状態だ。

川は上流から下流へ流れている。そのときに、素直に、上流から下流の動きに沿って、流されている人は自然体だ。

逆に自然体ではない人は、理に適った動きをしない。

川の例で言うと、流れとは逆の方向に進もうとする。

今日は、自然体の人と自然体ではない人の違いや、どうやったら、自然体であれるかを書いていきたい。

 

自然体=赤ちゃん

人は、できるなら自然体でいたいと思ってる。

というより、生まれたときは、誰しも自然体だった。

生まれたときは、オギャーとなく。おっぱいを飲む。

別に、そこに義務や意味などない。願望や欲求だけだ。

赤ちゃんと大人どっちが自然体だろうか。言うまでもなく、赤ちゃんだ。

赤ちゃんの行動はとことんまでに理に適ってる。泣きたいと思ったら泣いてる、飲みたいと思ったら飲んでる。

赤ちゃんは、願望や欲求に素直だ。川の例で言うと、上流から下流へ流れる動きが欲求

とし、赤ちゃんは欲求に素直に流される。僕は、赤ちゃんを見ると、「自由」であり続けるためには、どうすればいいかを問われてるように、最近になって、感じる。

大人になって、常識や人間関係について学んだが、その分だけ「自由さ」つまり、願望や欲求に素直に従う能力はなくなっていく。

人間が本来持ってる能力が、大人になると失う。常識や人間関係より大切なものが失われるのは本末転倒だと思う。

自然体でなくなるわけ

さっきも書いたように赤ちゃんは自然体だ。

大人になるにしたがって、自然体ではなくなる。

理由は、「他人」という概念を学ぶからだ。

今まで、欲通りに動いていたが、そうすると大人が怒る。

怒られると子供は、欲=悪だと認識してしまって、欲を抑え込む。

その行為を、広い意味で、常識を学ぶという。

自然体になるには

自然体になるには、無駄な肉をそぎ落とさないといけない。

無駄な肉とは、常識という名のコレクション。

この肉のせいで、自分の欲求や願望に気づかない人が多い。

よく、やりたいことがないという人がいるが、それも、この肉のせい。

この肉をいかにして削ぐかを考えたい。

まず、自分の中で、嫌なこと、やりたくないことってあるかな。

それを、やめること。

だってそれ、他人のために、嫌なこと、やりたくないことをやってるでしょ。

そんな常識捨ててしまえ。それで無駄な肉が削げるから。

そうしないと無駄な肉の奥にある、欲求や願望の声が聞こえないから。

やりたいことなんてやりたくないことやめないとできないから、基本的に。

手放したら楽になると思うけど。