読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親の頼みごとは断るべき

今朝、父親から電話が掛かってきました。

こんな風なことを電話口で話しました。

私:もしもし

父:おはよう

私:何?

父:火曜日と水曜日バイト休みやろ?

私:そうやけど

父:仕事手伝え

私:やりたくない

父:なんでや?

私:完全な休日が火曜と水曜しかないから

父:毎週じゃないねん!月に何回かや!(語気が荒くなります)

私:やりたくない。そもそも気乗りしないし

父:(メロス(父)は激怒した)誰が引っ越しのお金出したと思ってんねん!!

誰のおかげで飯食えてきたと思うねん

ブチッ....ピーピー(電話が切れた)。

まぁこんなことがあったのだが、皆さんも親から何か頼まれることありますよね。

どうしてます?僕は、断るようにしています。

ちなみに今日のお願いごとたぶん受け入れるとお金が発生します。

それでも、僕は、断ります。なぜなら、やりたくないから

それだけの理由です。何かを断るのに、そんなもっともらしい理由は必要ないです。

物事をやるかやらないかは、やりたいかやりたくないかの二軸だけのほうがいい。

意味や価値を求めるべきではない。僕の好きなタモリさんはこう言いました。

俺のやることに意味なんてない

山登りやロッククライミングが好きな人は、意味なんて求めてないと思う。

単に、やりたいからやってるだけであって、その人たちに「そんなのやって意味あるの?」なんて聞くやつは、大ばか者だ。すべてにおいて、意味を求めるやつは、一見利口そうに見えるが、やりたくないことをやらされてるやつが多数。

なぜなら、人間がやりたいことのほとんどが、無意味なものなんです。

例えば....まぁ、それは皆さんで考えてください。違うのよ今日書きたいのは。

親孝行なんて気にするな

親から頼みごとをされたときの一般的な心理は

「親に迷惑かけてきてるし、気乗りしないけど、やろうと...」

やるな馬鹿。その決定に自分の意志ないじゃん。「やりたくない」の一言でいいよ。

それでも、親がこんなこと言うかもしれないよ。

父:(メロス(父)は激怒した)誰が引っ越しのお金出したと思ってんねん!!

誰のおかげで飯食えてきたと思うねん

それも基本無視してていいよ。世間では、こういうのを親不孝と呼ぶかもしれないけど無視してていい。

なぜなら、この発言、どの親も似たようなこと言うかもしれないけど、間違ってるから。

だって、それ、そうしたいからそうしてるだけでしょ。自分の意志で。

お金出したいと思ったから、お金出してるし。生きててほしいから、飯食わしてんだろ。

そんなもん、全部無視でいい。自分の意志を通すためなら、一生、親不孝でもいいと思うのは僕だけなのか?