読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を叶えることよりもっともっと大切なこと

皆さんは、「夢を持て!」といろんな大人から、言われたことがあるはずだ。

この言葉を鵜呑みにして、また、囚われ、苦しんでる人に、このブログを捧げたい。

早速だが、今日から、「夢を持つこと」「夢を叶えること」を辞めよう。

「夢」とか「成功」とかより、もっともっと大切なことがあるから、今日はそれを伝えたい。

「ない」という前提か、「ある」という前提か

「夢」とか「成功」はもとをたどれば、「欲しい」という概念に行き着く。

で、なんで、人間が、欲しいと思うかというと、それは、自分が持ってないからだ。

「夢を叶える」とは、大きく言えば、壮大なる「ない」を「ある」にしていく行為だ。

もし、「夢を叶える」ことに囚われてる人は、その行為に苦しめられる。

なぜなら、「ある」にしていくまで、その人は、心の中が満たされないから。

心の中が満たされてないということは、つまり、苦しいという状態だ。

「夢を叶える」どうこうより、心の中が満たされてるほうが、良くないか?

だから、何を言いたいかというと、つまり、「夢を叶える」ことより「心の中を満たした」ほうがいいのではということ。

もっと言えば、「ない」という前提で生きていくより、「ある」という前提で生きていったほうがいいということ。

もっともっと言えば、「成功」とか「夢」を求めるより、「幸せ」にいきたほうがいいということ。

今、「ある」ものに感謝し、満足し、その上で....

「ない」と感じるから、苦しむわけだ。

じゃあ、今日から、「ある」ことにしよう。

あなたにも、好きなことあるだろう?

それで、一日のすべてを埋め尽くすこと。

つまり、毎日、幸せに生きることを心がければいい。

次の日のことは、一切、考えなくていい。毎日、「今日だけ、幸せに生きる」と決める。

そして、「毎日、幸せに生きること」を心がけた人は、どうなるか。

基本的に、その人からは、+のエネルギーが出る。

そうすると、その人には、+の出来事が起こる。

さっき書いた、「成功」なのか「夢」なのか。はたまた、別の欲しいものなのか。

だから、僕からすれば、順序が逆で、先に「ある」ことに気づいて、そこで、幸せを感じて、その後、「ない」つまり欲しいものが手に入ってくる感じだ。

「ない」ことが苦しいではなくて、今、「ある」もの、ことに満足し、おまけとして、「ない」もの、ことが手に入ったが、最高の形じゃないの。

まとめ

「夢を叶える」より「毎日を幸せに、心地よく、気持ちよく生きること」のほうが大切。

前者には、-のエネルギーが放出される。苦労とか努力とか。

後者には、+のエネルギーが放出される。心地いいとか楽とか。

「類は友を呼ぶ」法則だと、どっちのほうが、いいとかは判断できるよね?