読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に成功する方法は知らないけど、絶対に幸せになれる方法を私は知っている

僕は、この世界で、成功する方法は知らない。

でも、僕は、この世界で、幸せになる方法を知っている。

それは、この世界で、成功することを求めないことだ。

つまり、積み上げること、努力することはしないことだ。

努力なんかしなくても、僕は、幸せに生きていける。なぜなら、僕は、何もない、いわば、0の状態でも、幸せに生きれると確信しているから。

多くの人は、0の状態を嫌う。0の状態だと幸せになれないのだと思っているから、努力する。

そして、努力して、認められたり、認められなかったりして、少しは、幸せを味わえるかもしれない。

でも、もし、努力して認められなかったとき、どうする?幸せになるためには、成功することが前提の人は、不幸だと感じるだろう。

多くの人が、何かに対して、努力する理由は、根本的には、幸せになりたいからだ。でも、これは、間違っている。

成功=幸せではない。大切なのは、0の状態でも、まったく努力していなくても、幸せだと知ることだ。自分自身の、今、「ある」もので満たすこと。そして、今、「ある」状況やモノを認めることだ。

お金持ちになりたいと思ってるなら、自分が貧乏であることを受け入れろ。

彼女がほしいなら、彼女がいない自分を受け入れろ。

友達がほしいなら、友達がいない自分を受け入れろ。

そうして、自分の現状を認めることで、成功することへの執着も緩めれる。

前にも、書いたように、そうなったら、幸せを外に求めなくなる。幸せを自己完結できるようになり、自分自身で、満足するように行動するようになる。

以下メモ貼り付け

・「世間的な」「ベタな」幸せは、いつも遅れてくる。

・マイナス寄りの環境を変えるには、自分のスタンスを変えること。180度、真逆、非常識を受け入れる。

・自分のできることだけやること。

できること以上のことはやらなくていいし、ましてや、できるようになる努力もしなくていい。そうすると、嫌われるし、怒られるかもしれないが、そのときは、テキトーにやり過ごせ。

「自分らしく振る舞う」とは、他人軸では、出来ないわけで、その反対の、度が過ぎるほどの自分軸がいる訳なんです。

度が過ぎる自分軸とは

①嫌いなこと、やりたくないことはしない。

②好きなこと、やりたいことをする。

努力しなくても、存在価値は高い。

(他人に)認められるため、失望されないためにがんばるというのは、尋常じゃない閉塞感がある。

そうじゃなくて、(自分を)満たすために、喜ばせるために、行動すれば、開放感がある。

他人軸より自分軸!