読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平穏で、凪である

悩みも不安も何もない。

かといって、うれしい話や浮いた話もない。

ただ、平穏で、凪である。

三月いっぱいで、コンビニのバイトを辞める。

四月は、より一層、平穏で、凪である。

ただし、コンビニのバイトを辞めた分、空白ができる。

精神的にも、時間的にもだ。

おそらく、空白の状態だと、自分の好きなこと、やりたいことをするはずだ。

なぜなら、嫌いなことをやめたからだ。(コンビニのバイト)

好きなことややりたいことは、余裕がないとできない。

料理も、リフティングも、読書も、ブログも、時間的な余裕と精神的な余裕がないとできない。

ということは、四月からは、やりたいことに没頭できる。バイトがある日(週四日で12~17時で5時間)も、やりたいことをする余裕がある。

そうすると、お金の面は、どうするんだということになる。

そこの問題は、クリアしている。まず、通帳は、母親に預けている。

お金が底を尽きそうになったら、通帳を見て、勝手に振り込むように伝えてあり、そんな状況も、幾度もあった。

また、直接、電話して、「今、やばいよ」と伝えたら、振り込んでくれる。

だから、仕事をもうひとつ始めるか否かは、自由である。

仕事をやりたいなら、やればいいし、やりたくないなら、やらなくていい。

理想は、週2,3のバイトがいいかな。あくまで、やるとしたらね。今は、そんな気が一切ないけど。

あと、これ、読んでる人がたぶん、引っかかると思うんだけど、困ったら、親にもらうことについて。

常識で考えれば、おかしいんだと思うんだけど、僕は、そういうのを考えなくなったし、自分が苦しまないためには、ちっぽけなプライドは捨てるべき。

やりたいことをやって、やりたくないことをやめる生活をしようとすると、他人に迷惑をかけるかもしれない。

僕は、それでもいいと思う。他人を優先した人生より自分を優先した人生のほうが楽しいに決まっている。

今、僕には、悩みや不安がない。前は、すごくあったけど、自分を優先した生き方に変えてから、そういうものが段々となくなった。

かといって、先ほども書いた通り、相対的な幸せが手に入ったわけでもない。相対的な幸せとは、お金とか、恋人とかである。

ただ、凪である。でも、今の状態でも、それなりに、幸せだ。

今は、60%ぐらいの幸せ。これからの人生、それより、下降することは考えられない。ゆっくり、ふわふわ上がっていくと思う。

彼女も、お金も、以前よりかは、自分のところに来そうな予感。