読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいバイト先に求める条件

今月いっぱいで、早朝のコンビニのバイトを辞める。(ラスト一回!)

となると、銭湯のバイト(12時~17時)だけが収入源になる。

今、早朝のコンビニのバイトの代わりのバイト先を探す気力はない。

でも、次のバイト先に求める条件はある。

①勤務時間が短いところ(3h~4hがベスト)

②雑談ができるところ

③忙しいところは嫌だ

④21:00か22:00までの勤務

だいたい、この条件を満たせれば、完璧だ。

この条件で、働けば、毎日の生活を能動的にできる。

好きな時間に起きて、好きな時間に好きなことをして、好きな時間に寝るを叶えることが可能になってくる。

仕事も、雑談ができるところで、忙しくなく、楽なところであれば、「働きたいから働く」という理想的な状態をつくることが出来る。

僕は、間違えても、「お金がないから」とか「働かないと食っていけない」からという理由では、アルバイトどいえども、働きたくない。

純粋に、「働きたい」という思いに勝てる、条件や理由なんて、存在しないし、仮に、「食っていけない」や「お金がない」と思ったら、僕は、親に、お金をもらう。

「お金をもらう」ということに対して、感謝はあるけど、罪悪感はない。

僕は、自分がやりたいこと、好きなことをして、過ごすためには、ある程度、周りに迷惑をかけるのは、仕方ないと思う。

逆に、素直に、お金をもらうことが出来ない人は、自分ひとりの力で、なんでもできると思ってる勘違いしてる人に多く、そういう人は、必然的に我慢する人生を送る羽目になる。

だから、僕自身の仕事論としては、「無条件という条件で、どれだけ、その仕事を愛せるかが」その仕事をやるかやらないかの基準である。

お金が出なくても、この仕事が好きか、向いてるから、その仕事はものすごく楽とかという基準だけでいい。

時給とか待遇とかって、僕の中では、重要ではない。

その仕事が純粋に好きか、または、その仕事の全体を通してみたら、好きでも嫌いでもないが、一部分だけは好きかどうかが重要だ。

現に、銭湯のバイトでは、タオルをたたむ作業のときに、雑談ができる。

正直、楽しいのは、そこだけだ。それ以外、楽しくともなんともない。

ただただ楽なだけである。

だから、新しくバイトの条件で雑談が出来るを加えたのも、そのためだ。

楽で、その上で、雑談ができる場所を探すこと。

自分にとって、最適で、最高な環境は自分で作れる。

逆に、今、最悪で、最低な環境があるのは、自分で作っていることになる。

そういう人は、常識を犯すことに対して、罪悪感がある。もしくは、恐怖に駆られている。生活できないのではないか?食っていけないのではないか?といった死を連想させる思考をする。

実際には、そんなことは起きないし、そんなときのために、何度も書いたけど、誰かの力を借りること。