読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がなくてもあっても、心の豊かさは変わらず高いのは、なぜ?

限られた状況・環境でもすることは同じだなと今思う。

限られたお金で自分を喜ばせるモノ・コトに投資していく。

今よりお金があっても、結局同じ。

自分の心地よさに投資するだけだ。

お金は自分の心地よさを作るための単なる道具に過ぎない。

だから、自分の心地よさを作るためにお金は絶対条件かというとそれはノーだ。

ないならないで、他の道具で、心地よさを作る。

具体的には、他の人からお金をもらう、食事を奢ってもらう、、、などなど。

他にも探せば、いろいろある。

自分の心地よさに妥協しない覚悟さえすれば、あとはなにもいらない。

というより、自分を生きる覚悟さえ出来れば、自分が進むべき道も分かる。

例外なんていうものはない。自分を生きる覚悟、心地よさに妥協しない覚悟さえあれば、道は全員分かる。

というより、自分の感性に問いて、その答えを体感するだけだから、そんなものは全員がやろうと思えばできるし、やらなければやらないまんま変わらないだけ。

別に難しくもなんともない。

自分の感性・感覚に素直に従う。

好き・嫌い、やりたい・やりたくないの軸で行動する。

お金が無くて、困ってるなら、誰かに助けてもらえば、済む話なのだ。

それができないのは、何度も書くけど自分を生きると決めてないから。

社会とか常識とか他人とかそんなもの関係ない。

自分が自分らしくあれるのであれば、嫌われてもいいし、失望されてもいいし、怒られてもいいし、世間知らずと思われてもいい。

僕にとっての一番の恐怖は、自分の感性を捨て去ることだ。

「やりたくないことは、やめて

やりたいことだけやって

嫌いなことは、やめて

好きなことだけやって

思ったことは口に出す

我慢してることは、やめる」

最近、こんなことしか考えてない。