読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目に見えないもので目に見えるものは出来ている

この世界は、目に見えるものと目に見えないもので出来ている。

潜在意識と顕在意識。確認できる宇宙と確認できない宇宙。確認できる素粒子と確認できない素粒子。

それぞれ共通して、目に見えないもの=95%、目に見えるもの=5%の割合で構築されているみたいだ。

このことから分かる通り、目に見えるものは目に見えないもので出来ている。

もっと言えば、目に見えるものは目に見えないものの証拠、副産物でしかない。

だから、目に見えないもの(エネルギー)が良ければ、必然的に目に見えるもの(現実)は良くなるし、

反対に、目に見えないもの(エネルギー)が悪ければ、目に見えるもの(現実)は悪くなるという法則。

だから、今、これを読んでいるあなたが悪い現実ならば、悪いエネルギーが出ているわけだから、今、やるべきことは、良いエネルギーを出して、良い現実にしていくことである。

今、どういう現実なのか。はたまたどういう感覚なのか。

会社に行きたくないなら、なんで行きたくないか書いてみよう。

上司が怖いから?通勤時間が長いから?満員電車が不愉快?残業が多いから?

会社勤めをしたことがないから、分からないけど、やりたくないのには大抵理由があるわけで、理由が明確なら、その理由、問題から逃げないこと、我慢しないこと。

問題から逃げるから、いつまでも「会社に行きたくない」現実がついてくる。

上司が怖いなら、説教やめてもらえませんかとか優しくお願いしますとかなんでもいいから上司に対して本音を言おう。

上司を怒らせないように、ミスせず仕事をすることが解決策ではないから。

それは、単なる逃げだから。逃げても、その怖い上司という現実は居座り続けるから。

ちゃんと自分の本音に向き合って、それを現実にぶつけられるかどうかで、現実は決まる。

本音に気づいて、それを吐き出せたときって、気持ちいいよね。

その気持ちいいというエネルギーが、なんとなく良い現実をもたらすんだよ。

それは、具体的な物だったり出来事かもしれないし、気分かもしれない。

特定の出来事の引き寄せ方を僕は知らないけど、なんとなく良い現実のもたらしかたは知っている。

だから、目標や夢は捨てた。

今、この瞬間心地よさだけを選択すれば、半年後、一年後、なにが起こるかは分からないけど、なんとなくの良い現実があるとある時期悟ったから。