読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブな感情を与えれば、お金は稼げる

好きなことで稼ぐには、どうすればいいか?

大切なのは、2つだけ。

1つは、得意なこと。もう1つは、好きなこと。

1つ目の「得意なこと」とは、

本人は、当たり前に、普通に、やっていること。

それは、大勢の人にとって、当たり前ではない可能性がある。

日常生活の中で、当たり前に、普通にやっていることを見つけてみよう。

また、親や友達から、やんわりと「自分のすごいところ」を聞くのもいいかもしれない。

でも、聞いた結果、拍子抜けするかもしれない。

なぜなら、「すごいところ」を聞いた答えは、本人は、空気吸うのと同じぐらいの感覚で、毎日、やってることだから、「すごいところ=得意なこと」という認識がない可能性がある。

・2人子育てしている母親

・毎日、料理をしている

・毎日、ブログを書いている

・初対面の人と話すのが、苦ではない

など、当たり前に、普通に、吸って吐くが如く、毎日やっていることは、得意なことに分類される。

次に、「好きなこと」に関して。

僕の場合は、

・ブログ書く

・映画見る

・読書

・心理

・人と話す

・料理

などなどある。前の記事でも書いたように、好きなことをやる理由は一つだけで。

それは、単に自分を楽しませるためだけ。

そして、そこに、「お金を稼ぐ」という概念が加わると、相手を楽しまなければならない。

なぜなら、すべてのサービス・物は、そのサービス・物の背後にあるポジティブな感情があってこそ、そこに需要が生まれるから。

風俗からは快楽、マッサージからは癒し、飲食店からはおいしさ。

そのポジティブな感情を、人に与えられるものとなると、だいぶ限定されるし、その中で、金を生み出せるのも、一部だけ。

僕の場合、自分が楽しめるもので、尚且つ、相手も楽しめるもの、ポジティブな感情を与えられる可能性があるという条件だと、「ブログを書く」「人と話す」「料理」ということになる。

それにプラス、「得意なこと」であるかどうかも加わる。

(吸って吐くが如く)ブログを書けるのか?

(吸ってはくが如く)人と話せるのか?

(吸って吐くが如く)料理するのか?

こうやって、枕詞をつけた。

おそらく、ブログは、好きなことの枠から超えられない。僕にとって、ブログを書くことは吸って吐くが如くではない。

毎日、書くのは、正直苦しい。今、毎日、更新しているが、これは、12/1~12/13は仕事だと思い込んで書いているからであって(無給)、その期間後は、スキー場で働くので、その後は、とびとびの更新となるはずだ。

だから、ブログは✖。

残り、「人と話す」「料理」は、

好きなこと➡〇

吸って吐くが如く➡〇

ポジティブな感情を与える➡?

ポジティブな感情を与えられるかは、分からないけど、期待は持てる。