読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やりたいことだけど怖い、やるべきことだけど怖い」の怖いって、ほとんど起きない

やるべきことなんだけど、「怖い」とか

やりたいことなんだけど、「怖い」

ってあるでしょ?

僕の場合で言うと、

今ね、ブログのアクセス数が欲しいわけよ。

だから、ブログ更新したりっていうのも、大切なんだけど、

僕が「ブログしてるよー」っていうのを、知ってもらわないことには

元も子もないわけ。つまり、告知ってやつ。

今の時代、SNS使って、「ブログやってるんで、もしよかったら、

見てください。そんでもって面白かったら、拡散してください」

みたいな文かいて、ブログのURLものっければ、告知効果あるんだと

思うんだけど、完全には、できてないわけ。

完全にっていうのは、Twitterでは、告知してるけど、ラインとかフェイス

ブックでは、告知してないのよ。つまり、不特定多数の人には、ブログ告知

してるんだけど、知り合い以上で、ブログをやってるのを知ってるのんって、

大学の友達の4人だけなのよ。

ここなのよ。僕が、変にプライドが高いところ。もしね、貪欲にアクセス数を

求めてるんだったら、知り合いレベルの人にも、ブログの存在のお知らせするべき

なのよ。LINEとかフェイスブックにURLのっければ、見ようと思えば、見れる

わけだから。でも、なんで、告知できないか?

結局、怖いから。なにが怖いか?

・バカにされるのが怖い

・嫌われるのが怖い

・恥かくのが怖い

っていうマイナスを受け取るのが怖いわけ。マイナスを受け取る前から、

マイナスを怖がってる。おかしいよね?だって、マイナスを受け取るって決まった

わけじゃないじゃん。マイナスじゃなくて、プラスかもしれないし。

もともと、マイナスなんて幻想かもしれないよ。世間的にみて、マイナスだとしても

受け取り方しだいで、ダメージ0にもダメージ100にもできるわけだからね。

僕は、ダメージ0に近い。

バカにされてもいいから、嫌われてもいいから、恥かいてもいいから、やりたいこと

やらせてもらうぜ!みたいなスタンスだったんだけど、なんかやっていくうち、嫌われるとか恥かくとか馬鹿にされるとかどうでも良くなるというかそういう声って聞こえなくなるわけ。

いや、実際には、そう思われてて、陰口とか叩かれてるんだとしても、嫌われるとか恥かくことに、興味なくなってきて、そうすれば、マイナスに対して鈍感になっていって、そもそもそんなんあったっけっていう感覚なのよ今。

いや、今日、たまたまブログ告知するのが恥かしいって思ったけど、それまでは、なくなった感じだったから、それこそ、久しぶりみたいな感じで。

だから、今、思うのは、

「マイナスを受け取る覚悟を決めて、怖いと思ったことやれ!ブログのアクセス欲しいなら!」

だけかな?