読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の目気にしてやりたいことできないのは、普段からポリってるから

・「行動できないのはなぜですか?」

⇒「人の目です」

 

・「アイドルのオーディション受けたいです。怖いです。でも、なにが怖いか分かりません」

⇒「人の目です」

 

・「音楽会でピアノの伴奏をホントはやりたいので、立候補したいけど、怖いので、できません」

⇒「人の目です」

 

・「皆の前で、歌を歌う、リコーダー吹く、夏休みの思い出の感想文を読むのが緊張する」

⇒「人の目です」

 

「やりたいけど、怖くてできません」のほとんどが「人の目」。

だから、「人の目」を気にしなくなったら、やりたいこと全部できる。

じゃあ、どうやったら、「人の目」が消えるのかというと、まず、自分から「他人」を判断することをやめようとする。

他人の行為を見て「恥ずかしいって思うこと」「失敗してるって思うこと」「ダサいって思うこと」「浮いているって思うこと」に気づく。

ほんで、そう思うことを受け入れる。受け入れた上で、「恥ずかしいことしてるあの人OK」「失敗しても大丈夫」って、さらに受け入れてあげる。

そうすれば、当事者になったときに、「恥ずかしい思いをするかもしれないこと」「失敗するかもしれないこと」「普通からずれてしまうこと」もできるから。

自分が他人の行為見て、「Yes」って言えれば、その行為自分もできる。

反対もしかり。他人みて、「No」って言えば、その行為できないから。

「ブスがアイドルのオーディション受けんなや!」

「ピアノ弾いたことないくせに、ピアノ立候補するなや!」

って、「No」出せば出すほど、自分を縛る。もし、自分がブスでアイドルのオーディションを受けたいと思っても、前に「No」してきたものだから、受けれないよね。

だって、今までの自分を否定することになるから。それだけなら、まだいいよ。

「恥ずかしいこと」「失敗すること」「ダサいこと」「負けること」全部できなくなる。

なぜなら、自分が他人見て「恥ずかしい」「ダサい」「負けてる」「普通からずれてる」って思うことが習慣になってる人は、他人も自分見て同じことを思ってる違いないと思い込んでる。

だって、自分がやってる「歯磨き」「風呂入る」っていう習慣、他人もやってるもんだと思うでしょ。

それと同じ。実際は、みんな「歯磨き」するけど、みんな他人には興味ないから。

たとえ、派手に失敗しても、恥かいても、誰も気にしてない。

僕の場合、小1のとき、クラス全員注射うけるみたいなやつあるじゃない?

すげぇ嫌だったの。だから、一番最後にしてもらって、それでも注射嫌いだったから、人目憚らず泣いちゃって、その後、案の定、クラスの皆に知れ渡ったけど、今、覚えてるのん本人だけだよ。

あと、みんなの前で、一人ずつリコーダー吹くみたいなやつ、みんな上手くふけるのに、自分だけうまく吹けなくて、泣いちゃったよ。

でも、今、覚えてるのん本人だけ。

あと、毎日ランニングしてるんだけど、赤信号で止まるのめんどくさかったから、そのまま信号無視して、走ったの。だれも、注意しないわけ。それで、もし、警官が近くにいたら、注意されるんだろうなって思ったの。でも、そんな確率少ないわけ。

だから、思ったんだよね。人の目気にして行動できない人って、周りの人がポリスに見えちゃってるんだなと思った。

自分も普段、ポリってる(判断してる、監視してる)から、周りも自分のことポリってるに違いないって思ってるんだなと思った。

そりゃあ、全員、ポリってたら、動けないよ。でも、それ勘違いだし、だったら、その皆ポリってるっていう勘違いしたままでいいからさ、普通からズレたきゃずれてみなよ。

だれも、ポリららないから。ってかなんだよポリってるって(笑)

f:id:thinkergirl:20170512132443j:plain

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろしくー

  ⇩

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474