[オナ禁 49日目]オナ禁すると、運がよくなる理由

オナニーを我慢するためには、他のところで我慢しないことが大切だと、昨日の記事で書いた。

 

慢性的に我慢してる人、すなわちストレスがある人は、「心地よい、気持ちいい」と感じながら、生活してない。

 

仕事をしてるときも、ストレスがあるってことは、居心地が悪い状態で、仕事をしてるってこと。

 

そうすると、家にいる以外の間は、「心地よくない、気持ち悪い」という感覚で生きてるから、家にいるときは、「なんでもいいから気持ちいいもの欲しい!」という思いが強くなる。そのため、ストレスがある人はオナニー含め、短期的快楽にハマりやすい。

 

短期的快楽とは、タバコ、ギャンブル、酒、暴飲暴食、ストレス発散のお金使い(散財)、暴力など。

 

家以外でも「心地よい、気持ちいい」人だと、短期的快楽(目先のニンジン)に誘惑されにくい。

普段、気持ちいいから、短期的快楽に走らなくていい。

ビル・ゲイツは仕事が楽しいから、別にギャンブルで楽しむ必要はないはず。

 

目先のニンジンに飛びつく人は、慢性的にストレスがあって、余裕がない人であり、目先のニンジンしか見えないから、飛びつく。

 

それに対して、ストレスがない人は、目先のニンジンの奥を見てる。

奥とは、長期的快楽。魂の震える気持ちがいいこと。夢とか目標だ。

 

「女の人と話す」

「彼女をつくる」

「内定をいただく」

「仕事で評価される」

「年収が上がる」

 

短期的快楽を縮小すると、長期的快楽が増幅するわけ。

これは、短期的快楽をしないことで、その分の時間、エネルギーが余るわけ。

自然と、長期的快楽にそのエネルギーは回る。

 

オナ禁することで、積極的に女の人と話せるようになるのはそのためだ。

今まではオナニーで消費していたエネルギーが、女の人と話すエネルギーに変わっただけ。

内定をいただいたのも、オナニーをしないことで、時間とエネルギーが十分に確保できたから。

 

オナ禁して運がよくなるのは、オナニーで莫大なエネルギーが消費しないから。

莫大なエネルギーを仕事やプライベートで使えたら、大抵の目標は叶う。

 

それもこれも、ストレスの元凶を突き止め、無くしてからだ。

その前提をクリアしておかないと、いつまでたっても目先のニンジンしか見れないから。

  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーーー

  ⇩

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja