読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「パルプ・フィクション」

オムニバス形式の作品である。6個の話があるが、まったく別の話ではない。6個の話は、すべてつながっている。エピローグでは、男と女がレストランと言い争う場面から始まる。大体の会話の内容は、レストランの金を奪うことができるかというもの。話し合いの結果、レストランの金を奪うことが決定し、男と女が立ったところで、次の場面に移る。次の場面は二人のマフィアが車に乗ってる場面である。どうやら、車の行き先は、マフィアの組織を裏切って、隠れている青年二人組の家。家へ到着し、青年二人が持っている黒いケースを取り戻そうとする場面で切り替わる。そういう感じであと4個話が続く。