読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの今の現実と感情はみそ汁で分かります

進みたいところへ進むための嘘は嘘ではない。

浅いところでは、嘘をついてるけど、深いところ、つまり、感情は嘘をついていない。

「バイトを辞めたい」という思いがあるなら、嘘をついてでもやめるべき。

本当のことを言って、バイトや仕事を辞めてもいいけど、その理由が、自分が上司だったら肯けないと想像できるなら、本当の理由なんてどうでもいい。

本当の本当だけを実現できれば、感情に従えてることになるから。(バイトを辞めたい)

感情に逆らわなければ、病気もしないし、ポジティブでいられる。

無理に、病気を予防しなくても、病気はしないし、ポジティブ思考でいられるトレーニングをしなくたって、自然にポジティブな状態だ。

なぜなら、感情に従うとは、やりたくないことはやらず、やりたいことだけやっている状態だから。

擬音語で言えば、「ワクワク」と「ワサワサ」を感じ切り、「ワクワク」に従い、「ワサワサ」はやめればいい。

僕の場合は、なすびは嫌いだから、「ワサワサ」するけど、じゃがいもは好きだから、「ワクワク」する。

素直に「ワサワサ」を感じたなら、拒否して、「ワクワク」を感じたなら、受け入れればいい。

そうやって、日常を「ワクワク」だけで埋めていけば、感情は充足され、現実も良い方向に変わる。

なぜ、感情が満たされれば、現実が変わるのかは、なんとなくしか今は分からないけど、感情が欠乏してる状態の人が、現実を変える力を持ってるとは考えにくい。

単純に、ニコニコしてる人には、人が集まるし、精神が病んでる人には、人は寄ってこない。

だからといって、ニコニコしてる人の真似を表面的に、目に見えてる所だけ真似たところで、感情が下向きになってる人は、人を集める求心力は持ちえないし、感情も上向きにはならない。

元々、笑顔じゃない人が、笑顔をしたところで、「したくねぇよ!」と思ってるなら、何の得もない。なんなら、その「したくねぇよ!」に従ったほうが、感情を感じ取ってることになるから、現実が自分通りになっていくはずだ。

嘘の笑顔なんて、ほとんどの人が、なんとなく察知して、その顔をした人の所には近づかない。

逆に、感情に同化した身体の人には求心力がある。

「やりたくないけど、やらなければならないからやっている」状態は、感情を無視していて、感情と身体が同化してるとは言いがたい。

感情と身体はイコールにならないと、現実も変わってくれない。

目に見えてるもの、つまり、現実は、目に見えないもの、つまり、感情によって支配されてるといって、過言ではない。

感情はみそ汁で言えば、だしであり、現実は、具材だ。

だしさえしっかりしていれば、具材が少なくても最低限のうまみは確保されてるから、その安心感で現実を変えるために、体感や行動ができる。

自分が見てる現実はただ単に、感情や思考の結果だから。感情に従ったいけば、遅かれ早かれ、見たい現実はそこにあって、感情と相反すれば、見たくない現実があるというシンプルな仕組み。

だから、能力があって、頭がよかったとしても、感情を無視すれば、誰かがどれだけ羨む現実、結果を出せていても、当の本人は、満足しないし、現実もいずれ下降するだけ。

能力も、頭のよさもただの具材だから、具材がいくら高級でも、だしが貧困なら、みそ汁おいしくない。

逆に、不器用で、頭が悪くても、感情を感じきれば、相対的な幸せはどうであれ、絶対的な幸せは保証されている。

つまり、最低限のみそ汁の味は保証されている。