読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲求の純度を上げること

「着たい服を着ているか?」

「食べたいものを食べているか?」

「やりたいことをやっているか?」

「いいたいことをいっているか?」 

こういうことしか最近、考えてない。

「着たい服を着ているか?」と問われれば、

「一週間に一回は着ている」と答える。

ということは、ほとんどの日は、着たくない服、もしくは、今まで惰性で着てきた服を着ていることになる。

だから、「毎日、着たい服を着れるように」意識し、今日から過ごさなければならない。

一週間が二日に、三日にと、着たい服が着れるようになれば、欲求の純度も上がっていく。

そうすれば、日常の中で、豊かさを実感することができるはずだ。

ただ、「毎日、着たい服を着る」を意識する上で、注意しなければいけないのは、無理に欲求の純度を上げることである。

一週間に一回から、いきなり毎日まで、ジャンプできるならいいが、ほとんどの人は身の丈にあっておらず、無理な行為になる。

無理な行為というのは、収入のほとんどを洋服代につぎ込んだり、借金してまで、洋服を買うことである。

じゃあどうすればいいか、自分のできる範囲で、地味に、丁寧に、着実に欲求の純度を上げること。

一週間に一日なら、一週間に二日にすることは、ほとんどの人が無理しない範囲内だと思う。

洋服代稼ぐために、少しぐらい余分に働いたり、娯楽費を少し削れば、洋服代もまかなえるだろう。

そうやって、着たい服だけでなく、あらゆる欲求の純度を上げることは、毎日の、日常の中でやっていけば、日常の中で豊かさに気づける。

豊かさが「ない」のではなく、「ある」ということに.....。

それに気づくために、最初に書いた四つの文を意識し、行動する。

そして、四つの文は、いつも「~すべき」という文の邪魔にあう。

「どうしたいか?」と「どうすべきか?」という狭間で生きているのが、我々人間なのだ。

「会社が終わったら、すぐ帰りたい」と「会社が終わっても、みんな残業しているから、残業すべきか」みたいな選択に迫られ、ほとんどの人は、「どうすべきか?」を選択する。

なぜか?

それは、波風立てたくないからか、怒られたくないからか、今までと違う選択をして、自分の今の状態、例えば、「20」だとして、「0」に落ちることが怖いからだろうか。

でも、「0」に落ちるとも限らなくないか?「50」や「100」の状態まで上がれる可能性だってある。

メリットよりデメリット

希望より不安

プラスよりマイナス

にフォーカスし、意識してしまうのも、人間、みなそうだよ。

「起業したいけど、今の会社を辞めたら、収入がなくなるから、起業できません」

「フラれるのが怖いから、告白できません」

という二つの悩みは、根っこは同じである。その上で、自分の欲求を叶えてあげれるか。

もっといえば、マイナスを受け入れる覚悟、玉砕される覚悟を持てば、欲求に対して、力みもなくなる。

体操選手が一回目に失敗したから、二回目は開き直って演技しました的なもので、それを、ずっと、精神的に開きぱなししておけば、スムーズに欲に入り込める。