読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物を捨てると行動的になる

家にものが増えてくると、僕は、こまめに捨てるようにしている。
理由は、2つある。
1つ目は、家にものが増えすぎると、自分にとって大切なもの、不要なものがわからなくなってしまうからだ。
僕の場合、本が一番たまりやすいから、本を一番断捨離する。僕は、本は大好きだけど、一度、読んだら、捨てるなり、売ったりしている。

だいたい、一回その本を読んだら、もう一度読むことはない。何回も、読むような本は、家に残してある。だから、今、家にある本は、新しく買った本除いては、何度も読んできた本だ。だから、僕にとってのコレクションちゃあ、コレクションかもしれないけど、所有欲を満たそうとして、置いているわけではない。自分の中で、行き詰まったときに、読みたい本。だから、今、残してる本は、大切なものだ。
二つ目は、家にものが増えるにつれて、行動できなくなってしまうからだ。
自分にとっての楽しみが、外に向かっていかない。物に埋もれることで、その物で楽しみを満たそうとしてしまう。僕自身、経験があって、物を捨てる前と、物を捨てたあとでは、精神的なものが全然違ってくる。まず、家の中を見渡すと、物が少ないと気づく。そうなると、物で余暇を満たそうとしなくなる。物以外(映画、友達と話す、創作活動)で、余暇を満たそうとするから、必然的に行動的になるのだ。
皆さんも、少しでも、物を捨てよう!