読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恥ずかしい」っていう思いを消すには

 

thinkergirl.hatenablog.com

 少し、きのうの補足を書いておこうと思う。

そもそも、なんで、「恥かしい」って感じるかっていう問題

があるわけ?

それは、すごく簡単。自分が他人のしたことを見て、「はずかしい」

って判断するから。

・誰かが、階段でこけたとき

・歌上手くないのに、路上ライブしてるのを見たとき

・おじさんがローソンで働いてるのを見たとき

・ブ男が学年1かわいい子に告白して、結果むなしく終わってるのを見たとき

こういうのを、見たとき、「うわっ、はず!」とか「うわっ、ダサっ!」とかって、

判断すれば、ジャッジすればするほど、「うわっ、はず!」とか「うわっ、ダサっ」

って、思われることできへんねんでー。

そもそも、「自分が他人に、「恥ずかしい」って判断されるようなこと、やりたくない

から、やらへんし」っていってるやつー。

それ、って断言したるわー。

人間のやりたいことなんかほとんど、「恥ずかしい」ことやわーホンマに。

会社辞めたいけど辞めれへんのは、「うわっ、ダサっ」って思われたくないから

やめたくないわけやろ。

だって、会社に残る人が大多数なわけ。大多数=流行、常識、枠の中

なんでもいいかたあるけど、要は、みんなからズレたものを今まで、「恥かしい」

って思い続けた人って、肝心のときに、ズレることが難しくなるわけ。

だって、今度は、自分が「恥ずかしい」の標的になるわけだから。「恥ずかしい」の

矢を打ち続けた人が、今度、「恥ずかしい」の的になって、矢を打たれるなんて、

屈辱だし、痛いし、血がでるわけ。それも、「恥かしい」という思いが強くなればなるほど、「恥ずかしい」の的になったとき、痛みが倍増するし、そもそも、的にはならないわけよ。

だって、「全日本恥かいてない選手権」っていう土俵があって、その土俵では、ずっと勝ってきたわけでしょ。そうなると、恥かいてないランキングだって上位になるわけだから、ある種の誇りがあるわけー。

「オレ、失敗してきてないんですー!」って偉そうに、自慢げに言ってるの翻訳するとこんな感じになるわけ

・「恥かいてないランキング1位です」

・「やりたいことあったけど、失敗したら、恥ずかしいって他人に思われそうだから、妥協してまーす」

まーこんぐらいしか、たとえが思いつかない。

まー言えることは、さっさと、「全日本恥かいてないランキング1位」の地位を捨てる。

そのために、他人がしていることをみて、「恥ずかしい」って思わないようにすること。

「歌が下手でも路上ライブしてもいい♪」、「告白できるのがすごい」って唱えてあげるの。何回も。

それから、自分でも「恥かしい」と思って、やりたかったけど、できなかったことに

トライすること。

そうすれば、「恥ずかしい」って思われることになれるし、突き詰めれば、そんな声まったく聞こえなくなるとかそもそも興味がなくなるんだよねー