読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やるかやらない」だけで、あらゆる問題がなくなるのに、「やらない」を選ぶワケ

欲しいものとかやりたいことって、あるじゃない?

〇お金

〇時間

〇友達

〇自由

〇ブログのPV数

〇恋人

ベタだけど、欲しいでしょ?

結局、こういうのんって、できるできない能力の問題じゃないのよ

やるかやらないかだけなわけよー

だから、解決法なんかすぐなわけで、

お金欲しいなら、「働けば」「親から貰えば」なわけ。

時間欲しいなら、「週五勤務から週四にしたら」「有給使ってバイト休めば」いいやん

友達ほしいなら、「話しかければ」「誘えば」で済むし

ブログのアクセス欲しいなら「ブログおもしろくすれば」「毎日かけば」「SNS使ってブログ告知すれば」「好きなこと書けば」なわけ。

めっちゃシンプル。こんなもん、頭の賢さとか能力とか関係ないわけ。

「やるかやらない」だけ。でも、やらない。できないではないよ!やらないわけ!

やらないわけ。カンタン、怖いから。何が?

〇嫌われる

〇怒られる

〇人の目気になる

〇怪しまれる

〇けなされる

〇恥ずかしい

〇傷つく

こういう損すること、マイナスが怖いわけ。

まず、なんで、そんなマイナスを恐れる状態なるかというと、簡単に書けば、

自分が他人を見て判断してるわけ。

例えば、テレビでブ男が美人に告白してフラれる映像を見て、「うわっ、はず」とか

「うわっ、ださ」って思えば思うほど、「恥ずかしい」って思われることできないわけ。そんなことやらんわって思ってる人おるかもしれんけど、告白するに限らずやで!

「恥ずかしい」全般!

例えば、ピースの綾部。まったく英語話せへん状態で、アメリカ行ったやん?

あれって、自分の行動、他人の行動見て、「恥ずかしい」って、思ってる、「恥ずかしがり屋」からしたら、考えられへんと思うねん。

当然やけど、言語の壁にぶち当たると思うし、日本ではお笑い芸人で、うまくいってて、要は、「勝ってる」状態から、ゼロからのスタートになるわけ。

「できないこと」「負けること」「ズレること」が「恥ずかしい」と思ってる人は、綾部みたくチャレンジできない。

まず、「恥ずかしがり屋」は海外留学したいと思ったら、ある程度、日本で英語勉強してから、海外行こうとすると思うねん。

女の人と話したいけど、話せないと思ったら、会話術の本とか「女性の心理」みたいな本とか人見知り治す本みたいな手に取って、読むわけ。

いっとくけど、そんなやつ、一生、海外いけへんし、女の人とも話されへんわ。

準備とか努力して、「恥ずかしい」って思われる確率を低くしようと、失敗する確率を低くしようとするのん無駄!

まず、海外行きたいなら、海外いったらええやん!話したいなら、話せばで終わる話じゃん。

結局、そう「思った」ことをできないのんって、恥かきたくないわけじゃない。

なんで、恥かきたくないかって?

・小学校のとき、うんこするのは「恥ずかしい」みたいな風潮があって、だれかが、うんこしたら、だれかが、「うんこ」してるって、声を上げれば、自分も「うんこ」してるって言えば、自分が「うんこ」したいとき、うんこできへんやろ

そうやって、「恥ずかしい」って思えば思うほど、自分の心縛るわけ。

プロのSM譲がやる「亀甲縛り」って、抜けにくそうやん?やられたことないけど(笑)

「亀甲縛り」からなわをほどきたいなら、「恥ずかしい」って感じたら、

〇うんこしてもいいよ

〇駅のホームの階段で転んでもいいよ

〇できなくてもいいよ

って思えば、なわほどけるわけ。他人の「恥ずかしい」行動許せば、自分の「恥ずかしい」行動も許せるわけ。

なんか、二日前もおんなじようなこと書いたような気がするけど、まぁいいかー。

続き、また明日書きます!

 

thinkergirl.hatenablog.com