読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の会社で、嫌なことが多すぎるので、転職したい気分です。どうすればいいですか

大学の友人から悩みのLINEが来た。LINEの内容をブログに載せてもいいと許可をもらったので、載せます。

 

Q:職場である人(先輩)がいて、その人は、他の先輩とは仲良しだが、ワシに対しては、冷たい。だから、自分が分からないことがあっても、仲良くないから、質問できない。あとクセのある人が多いし、いろいろな私情もあり、そんなこんなで転職したい。

 

A:僕の場合は、まず、その状況では、転職はしません。

その状況で転職することは、甘えであり、逃げだからです。いや、別に、逃げてこのまま上のような問題がなくなるなら、逃げて構いません。

でも、逃げたところで、逃げた状況で、逃げる前と似たような状況が現れます。

なぜ、逃げたら、逃げる前と似たような現実が現れるのか。

それは、質問者の今の現実と心の声(子供)、頭の声(大人)、三つの手がかりで紐解けます。

現実:わしに対しては、冷たい。

心の声(子供):冷たいのは嫌だ。もっと、ホントは自分にも話してほしい。

頭の声(大人):とりあえず我慢しよう。いずれ転職すれば、こんなことない。

これ見て、分かる通り、心の声から逃げたからその現実になっている。

「冷たいのは嫌だ」と思ってるのに、我慢するから、また、我慢させられる現実が現れる。これも、一種の逃げです。

「我慢、甘え、逃げる、耐える」は同じ意味です。

我慢すれば、我慢させられる現実。逃げれば、逃げたくなる現実。耐えれば、耐えたくなる現実。

この世界は、ものすごく単純な法則で成り立ってます。

じゃあ、どうすればいいか?

簡単です。今までと逆のことをすればいいんです。

質問者は、今まで、心の声から逃げてきた訳です。今度は、逃げずに、戦うんです。

「ワシに対して冷たい」という現実に対して、どう思い、どう感じたかを対象者に言うんです。

「冷たいのは嫌だ。もっと、ホントは自分にも話してほしい」

そう思ったなら、そう感じたなら、それを、外の現実にぶつけて下さい。

感受性は人それぞれなので、言うことは自分で決めること。

大事なのは、何度も書くけど、どう思い、どう感じたか、それに加えどうしてほしいかを対象者に、外の現実にぶつけることです。

ぶつける方法、本音を言う方法なんてありません。

あるとすれば、勇気だけです。あとは、「やるか、やらないか」だけです。

やれば、現実は変わるし、やらなければ、現実は変わらないだけです。ただ、それだけです。

幸いにも質問者には、「嫌なこと」がたくさんあります(不謹慎かー)

それら「嫌なこと」を全部書き出します。

その後、その嫌なことの横に、心の声を書いていきます。

「どうしたいか、どう思うか、どう感じた、どうしてほしいか」などなど書きます。

なんでも構いません。嫌なことがあれば、誰しも感情が湧きます。

それを書けばいいです。そして、その心の声を、外の現実にぶつける。

それを、「嫌なこと」の数だけやればいい。ゆっくりでいいから、やりやすいところからやっていきましょう。

その「嫌なこと」も全部書き、心の声も消化してから、転職してください。

というより、その頃には、転職する気になってないかもよ。

終わり。

※ブクマ登録お願いします(笑)