読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわと

他人をコントロールするための心理学ではなく、自分をコントロールするための心理学

「やるかやらない」だけで、あらゆる問題がなくなるのに、「やらない」を選ぶワケ

欲しいものとかやりたいことって、あるじゃない?

〇お金

〇時間

〇友達

〇自由

〇ブログのPV数

〇恋人

ベタだけど、欲しいでしょ?

結局、こういうのんって、できるできない能力の問題じゃないのよ

やるかやらないかだけなわけよー

だから、解決法なんかすぐなわけで、

お金欲しいなら、「働けば」「親から貰えば」なわけ。

時間欲しいなら、「週五勤務から週四にしたら」「有給使ってバイト休めば」いいやん

友達ほしいなら、「話しかければ」「誘えば」で済むし

ブログのアクセス欲しいなら「ブログおもしろくすれば」「毎日かけば」「SNS使ってブログ告知すれば」「好きなこと書けば」なわけ。

めっちゃシンプル。こんなもん、頭の賢さとか能力とか関係ないわけ。

「やるかやらない」だけ。でも、やらない。できないではないよ!やらないわけ!

やらないわけ。カンタン、怖いから。何が?

〇嫌われる

〇怒られる

〇人の目気になる

〇怪しまれる

〇けなされる

〇恥ずかしい

〇傷つく

こういう損すること、マイナスが怖いわけ。

まず、なんで、そんなマイナスを恐れる状態なるかというと、簡単に書けば、

自分が他人を見て判断してるわけ。

例えば、テレビでブ男が美人に告白してフラれる映像を見て、「うわっ、はず」とか

「うわっ、ださ」って思えば思うほど、「恥ずかしい」って思われることできないわけ。そんなことやらんわって思ってる人おるかもしれんけど、告白するに限らずやで!

「恥ずかしい」全般!

例えば、ピースの綾部。まったく英語話せへん状態で、アメリカ行ったやん?

あれって、自分の行動、他人の行動見て、「恥ずかしい」って、思ってる、「恥ずかしがり屋」からしたら、考えられへんと思うねん。

当然やけど、言語の壁にぶち当たると思うし、日本ではお笑い芸人で、うまくいってて、要は、「勝ってる」状態から、ゼロからのスタートになるわけ。

「できないこと」「負けること」「ズレること」が「恥ずかしい」と思ってる人は、綾部みたくチャレンジできない。

まず、「恥ずかしがり屋」は海外留学したいと思ったら、ある程度、日本で英語勉強してから、海外行こうとすると思うねん。

女の人と話したいけど、話せないと思ったら、会話術の本とか「女性の心理」みたいな本とか人見知り治す本みたいな手に取って、読むわけ。

いっとくけど、そんなやつ、一生、海外いけへんし、女の人とも話されへんわ。

準備とか努力して、「恥ずかしい」って思われる確率を低くしようと、失敗する確率を低くしようとするのん無駄!

まず、海外行きたいなら、海外いったらええやん!話したいなら、話せばで終わる話じゃん。

結局、そう「思った」ことをできないのんって、恥かきたくないわけじゃない。

なんで、恥かきたくないかって?

・小学校のとき、うんこするのは「恥ずかしい」みたいな風潮があって、だれかが、うんこしたら、だれかが、「うんこ」してるって、声を上げれば、自分も「うんこ」してるって言えば、自分が「うんこ」したいとき、うんこできへんやろ

そうやって、「恥ずかしい」って思えば思うほど、自分の心縛るわけ。

プロのSM譲がやる「亀甲縛り」って、抜けにくそうやん?やられたことないけど(笑)

「亀甲縛り」からなわをほどきたいなら、「恥ずかしい」って感じたら、

〇うんこしてもいいよ

〇駅のホームの階段で転んでもいいよ

〇できなくてもいいよ

って思えば、なわほどけるわけ。他人の「恥ずかしい」行動許せば、自分の「恥ずかしい」行動も許せるわけ。

なんか、二日前もおんなじようなこと書いたような気がするけど、まぁいいかー。

続き、また明日書きます!

 

thinkergirl.hatenablog.com

 

 

「嵐にしやがれ」の明石家さんまから学ぶ、「病は気から」論

「病は気から」って、信じてる?

僕は、信じてる。前は、そんなに信じてなかったけど、

年数重ねて、「心」が変化したことで信じれるようになった

のよ。

ほんで、昨日の「嵐にしやがれ」の明石家さんま見て、改めて

「病は気から」を実感したのよ。

さんまさんが寝ないっていうエピソードって、お笑いが多少好きな人

なら、有名なんだけど、やっぱり、それだけあって、体調崩さないみた

いなのよ。病気とかほとんど無縁で、風邪ひいても翌日まで、またがない

みたいで、風邪のなおしかたなんて、超人よー。

まず、病院で薬もらってみたいな治し方じゃないからね。あと、病院いったこと

ないみたいだし。

えっとねー教えるよ。風邪ひいたときだけメロン食べるんだって。それで、脳に「メロン食べれば風邪治る」って、暗示をかけてるんだって。

たぶんだけど、メロン単体で、風邪治すような効果なんてないのよ。要は、自己暗示で

「気」つまり「心」の状態を高くキープしてるんだと思う。

さんまさんも言ってた。「自然治癒力が他の人より高い」って。

それも、もともと体が強いっていうのもあるかもだけど、一番は「心」がしっかり

してる。

まさに、「病は気から」の体現者。

で、「病は気から」は納得してもらったとして、どうやったら、ポジティブな

心理状態に持ってて、その状態を持続できるか?

まず、二通りパターンを書くよー。

〇会社を休みたくない。なぜなら、自分が会社を休んで、嫌な仕事だけど、周りに迷惑かけたくという状態

 

〇仕事も好きだし、プライベートも充実してて、毎日、やりたいことだらけで、一日24時間じゃ足りないから病気になって、時間無駄にしたくないよという状態

 

どちらが、病気に罹りやすいと思います?

多分、前者だと思います。僕もこれは、経験済みです。

中高で部活やってたら、休みなんて週一回ぐらいのペースだから、もちろん

部活しんどいなー、行きたくないなーっていうときなんてありますよ。

そういうときって、都合よくインフルエンザに罹ってくれるんだよねー。

ほんで、インフルエンザなんて罹ってしんどいの1~2日だけだから。

あと、4,5日休めれるからあの時は最高だったよね。ちょっと、脱線しちゃった

けど、マイナスのエネルギー、パワーって、持続しないわけ。どっかで、病気というギフトをプレゼントしてくれるわけ。

マイナスのエネルギーって、

〇嫌なこと我慢してやってるときとか

〇気分が乗らないのに、義務としてやってる

〇やりたくないこと、必要だからっていう名目でやっちゃってるとき

「しんどいけど、気分のらない」けど、それやってる状態が続くと、病気になっちゃったり、最悪、うつ病になったりするわけ。

それで、強制終了。本人の意志とは関係なく、働けなくなるわけ。

でね、思うのよ。インフルエンザに罹ったら、一週間休めるわけじゃない?

言い方悪いけど、明確な会社だったり学校を休む理由が持てたわけだよね。

でも、こうもいえるわけ。

病気は「休め」という命令を送って、体を身動きできないようにしてくれたわけ。

病気はサインなわけ。

平日働きづめで、土日はソファから疲れてるから動きたくないっていう状態の人は、病気には罹ってないけど、「動きたくない」からは、「もっと抜いて働いて!」っていう

サインを感じ取れるわけよ。

 

で、勘のいい人は分かるかなー。さんまさんは、前者の人とは逆なわけ。

〇仕事も好きだし、プライベートも充実してて、毎日、やりたいことだらけで、一日24時間じゃ足りないから病気になって、時間無駄にしたくないよという状態

つまり、こういう人だよ。

「恥ずかしい」っていう思いを消すには

 

thinkergirl.hatenablog.com

 少し、きのうの補足を書いておこうと思う。

そもそも、なんで、「恥かしい」って感じるかっていう問題

があるわけ?

それは、すごく簡単。自分が他人のしたことを見て、「はずかしい」

って判断するから。

・誰かが、階段でこけたとき

・歌上手くないのに、路上ライブしてるのを見たとき

・おじさんがローソンで働いてるのを見たとき

・ブ男が学年1かわいい子に告白して、結果むなしく終わってるのを見たとき

こういうのを、見たとき、「うわっ、はず!」とか「うわっ、ダサっ!」とかって、

判断すれば、ジャッジすればするほど、「うわっ、はず!」とか「うわっ、ダサっ」

って、思われることできへんねんでー。

そもそも、「自分が他人に、「恥ずかしい」って判断されるようなこと、やりたくない

から、やらへんし」っていってるやつー。

それ、って断言したるわー。

人間のやりたいことなんかほとんど、「恥ずかしい」ことやわーホンマに。

会社辞めたいけど辞めれへんのは、「うわっ、ダサっ」って思われたくないから

やめたくないわけやろ。

だって、会社に残る人が大多数なわけ。大多数=流行、常識、枠の中

なんでもいいかたあるけど、要は、みんなからズレたものを今まで、「恥かしい」

って思い続けた人って、肝心のときに、ズレることが難しくなるわけ。

だって、今度は、自分が「恥ずかしい」の標的になるわけだから。「恥ずかしい」の

矢を打ち続けた人が、今度、「恥ずかしい」の的になって、矢を打たれるなんて、

屈辱だし、痛いし、血がでるわけ。それも、「恥かしい」という思いが強くなればなるほど、「恥ずかしい」の的になったとき、痛みが倍増するし、そもそも、的にはならないわけよ。

だって、「全日本恥かいてない選手権」っていう土俵があって、その土俵では、ずっと勝ってきたわけでしょ。そうなると、恥かいてないランキングだって上位になるわけだから、ある種の誇りがあるわけー。

「オレ、失敗してきてないんですー!」って偉そうに、自慢げに言ってるの翻訳するとこんな感じになるわけ

・「恥かいてないランキング1位です」

・「やりたいことあったけど、失敗したら、恥ずかしいって他人に思われそうだから、妥協してまーす」

まーこんぐらいしか、たとえが思いつかない。

まー言えることは、さっさと、「全日本恥かいてないランキング1位」の地位を捨てる。

そのために、他人がしていることをみて、「恥ずかしい」って思わないようにすること。

「歌が下手でも路上ライブしてもいい♪」、「告白できるのがすごい」って唱えてあげるの。何回も。

それから、自分でも「恥かしい」と思って、やりたかったけど、できなかったことに

トライすること。

そうすれば、「恥ずかしい」って思われることになれるし、突き詰めれば、そんな声まったく聞こえなくなるとかそもそも興味がなくなるんだよねー

「やりたいことだけど怖い、やるべきことだけど怖い」の怖いって、ほとんど起きない

やるべきことなんだけど、「怖い」とか

やりたいことなんだけど、「怖い」

ってあるでしょ?

僕の場合で言うと、

今ね、ブログのアクセス数が欲しいわけよ。

だから、ブログ更新したりっていうのも、大切なんだけど、

僕が「ブログしてるよー」っていうのを、知ってもらわないことには

元も子もないわけ。つまり、告知ってやつ。

今の時代、SNS使って、「ブログやってるんで、もしよかったら、

見てください。そんでもって面白かったら、拡散してください」

みたいな文かいて、ブログのURLものっければ、告知効果あるんだと

思うんだけど、完全には、できてないわけ。

完全にっていうのは、Twitterでは、告知してるけど、ラインとかフェイス

ブックでは、告知してないのよ。つまり、不特定多数の人には、ブログ告知

してるんだけど、知り合い以上で、ブログをやってるのを知ってるのんって、

大学の友達の4人だけなのよ。

ここなのよ。僕が、変にプライドが高いところ。もしね、貪欲にアクセス数を

求めてるんだったら、知り合いレベルの人にも、ブログの存在のお知らせするべき

なのよ。LINEとかフェイスブックにURLのっければ、見ようと思えば、見れる

わけだから。でも、なんで、告知できないか?

結局、怖いから。なにが怖いか?

・バカにされるのが怖い

・嫌われるのが怖い

・恥かくのが怖い

っていうマイナスを受け取るのが怖いわけ。マイナスを受け取る前から、

マイナスを怖がってる。おかしいよね?だって、マイナスを受け取るって決まった

わけじゃないじゃん。マイナスじゃなくて、プラスかもしれないし。

もともと、マイナスなんて幻想かもしれないよ。世間的にみて、マイナスだとしても

受け取り方しだいで、ダメージ0にもダメージ100にもできるわけだからね。

僕は、ダメージ0に近い。

バカにされてもいいから、嫌われてもいいから、恥かいてもいいから、やりたいこと

やらせてもらうぜ!みたいなスタンスだったんだけど、なんかやっていくうち、嫌われるとか恥かくとか馬鹿にされるとかどうでも良くなるというかそういう声って聞こえなくなるわけ。

いや、実際には、そう思われてて、陰口とか叩かれてるんだとしても、嫌われるとか恥かくことに、興味なくなってきて、そうすれば、マイナスに対して鈍感になっていって、そもそもそんなんあったっけっていう感覚なのよ今。

いや、今日、たまたまブログ告知するのが恥かしいって思ったけど、それまでは、なくなった感じだったから、それこそ、久しぶりみたいな感じで。

だから、今、思うのは、

「マイナスを受け取る覚悟を決めて、怖いと思ったことやれ!ブログのアクセス欲しいなら!」

だけかな?

あなたの近くにいる既婚者がモテる理由を紐解いたら、、、

よく既婚者が女の人にモテちゃう

みたいな話あるじゃない?

既婚者は、余裕があるとか安心できるとかって

よくきくー。

で、今日書くのは、既婚者のように女にモテるための

モテ術。

っていうのは、ウソ!彼女なんて、いたことねぇから、

そんなこと書けない(笑)

でも、今日書くテーマ、まぁー遠からずかもねー

えっと、下心をなくす方法。

既婚者の場合で言えば、まず、奥さんいるわけじゃん

だから、「彼女ほしい!」とかって、思わないわけじゃない?

基本は!(不倫とか浮気とかっていう例外もあるかもだけど)

だから、女の人に対して、立場がフラットなんだと思う。

「綺麗だから」とか「若いから」とか「ババアだから」とか

「ブスだから」とか思わない。

綺麗だから、緊張して話せないとか思わないし、女の人と会って、

会話して仲良くなって、ライン交換して、デートして、セックス

して、みたいな妄想なんてしないわけ。だって、奥さんいるから。

安心できるとか余裕があるの正体ってこれだと思うよ。マジで!

でも、こうなろうと思ったら、なれるよすぐに!

いや、ゆっとくけど、彼女ができるよーとかっていう目に見える

結果ではないよ(笑)それは、僕、彼女できたことないから、教えて

上げられないのよ。教えてあげたくても(笑)

だから、余裕がある状態にする方法は分かる。

これは、「彼女が欲しい」という思いを殺せばいいのよ

だって、「彼女が欲しい」って思ってるときって、彼女が

いないわけだし「彼女いねぇー」をめっちゃ意識させられてる

訳じゃん結局。だから、その状態のときって、行き詰ってるし、

苦しいし、卑屈になってるのよ。

だから、「彼女が欲しい」という思いを緩める。

でそのまえに、なんで、人間がこんなに願望実現しよう

とするか分かる?

〇彼女ほしい

〇お金持ちなりたい

〇評価されたい

〇独立したい

って、今、自分に今、「ないもの」を追いかける行為。つまり、願望

を実現しようと頑張るのは、根っこの根っこは、「幸せになりたい」

からなの。

だって、イメージしてみて!

ディズニーランドに行きたいとかUSJ行きたいって、そこへ行けば、

楽しめるってわかってるからだよね。

そう、だから、根っこの「幸せになりたい」「良い気分でいたい」

を満たしてあげればいいのよ。

どうやって、満たすか?

どうにかこうにかして、彼女作ろうと行動して、彼女できて、

「彼女欲しい」という思いを消す。つまり、頑張って、願望を実現

する。ないものねだりしまくるってことねー。だったら、ナンパ本

買って勉強してください!

まず、ないものねだりしない!

今、「ある」もので楽しむ。好きなことしてるときは、誰だって、

楽しいでしょ?

だから、好きなことに夢中になってみる。そしたら、「幸せになりたい」

なんて思わない。

だって、もう幸せだから、楽しいから。そうなったら、「彼女ほしい」とは

前ほど強く思わなくなる。だって、いなくても、幸せだから、楽しいから。

もう幸せだから、いざ、女の子とあっても、以前ほど、緊張しなくなる。

だって、この子と付き合えなくても、他で、楽しくなれるから、安心して、

失敗できるわけ。通称、「幸せの補完」ね。

だから、今後どうこうしようとは前ほど思わなくなる。余裕ができる。

下心なくなる。最終的にモテる!!!(イヤイヤ、最後、結局モテるんかい!

だから、何回も書くけど、モテる方法しらないだって、モテたことねぇもん

でも、下心をなくせたり、余裕はできるよ(笑)それは、自信をもって伝えれるよ)

 

プラスの感情からは、プラスの現実が!マイナスの感情からは、マイナスの現実が!

「自分=お金」だとしたら、どっちの人を選ぶか?

〇お金のことが好き

 

〇お金を使うことは怖くない。むしろ気持ちいい

 

〇お金を自分のやりたいこと、好きなことに使える人

 

〇なくなっても平気だから、他人の見返り求めずに

単に人の喜びに使える人

 

もしくは、

〇お金のこと嫌い

 

〇お金がなくなることが怖

 

〇お金を必要なことにしか使わない人

 

〇誰かに奢って、見返りを求める人

 

〇「お金つかうのもったいない」が口癖

 

単純に前者か後者どちらがいいかって

なったら、前者を選ぶと思うのよ。もし、自分がお金

だとしたら、、。

お金のこと嫌いな人よりお金のこと好きな人の所に、

いきたいし。

お金出すのを、迷ってる人よりお金、気持ちよく出してる人

のところに、お金めぐってあげたいじゃない?

すっごく、感覚的なはなししてるのよ。だから、「経済学的には~」

とか「学術に則ってない!」とか「根拠がない!」って言われたら

それまでなんだけど、でもね、感覚とか感情がこの世界を支配してるのよ。

逆に、論理とか結果とか現実っていう、「目に見えるもの」って、

「目に見えないもの」=感覚、感情の積み重ねでしかないからね。

例えば、よく、お金って、「出せば、その分入ってくる」みたいな自己啓発

ちょっとかじったことある人なら、聞いたことあるはずだけど。

これって、「お金出せば、お金が入ってくる」だけを見ちゃいけないのよ。

というより、ロジックとか目に見える原因と結果は、参考にならないのよ。

あるとすれば、目に見えない原因とそれによる結果。

だから、これも、二通りあって、

「お金を(気持ちよく)出せば、お金が入ってくる」

はうまくいくけど、

「お金を(嫌々)出せば、お金が入ってくる(実際、入ってこないと思う)」

はうまくいかないわけ。

さっきも書いたけど、目に見えないものの積み重ねで、目に見えるものが

出来てるの。悲しい現実の裏には、悲しい感情があるわけで、逆に、

悲しい感情がなきゃ、悲しい現実なんてないわけ。だから、同じ体験

しても、一人は悲しいけど、一人は悲しくないなんてことはざらにある

わけ。ちょっと、脱線したけど、この世界って、めっちゃシンプルなん

やと思うで。

要するに、プラスの感情(好き、心地いい、気持ちいい)からは、プラスの

現実が生まれて、

マイナスの感情(嫌い、耐える、苦しい)からは、マイナスの現実があるだけ。

ほら、めっちゃ、シンプルやん!?-➡-、+➡+。

これって、お金に限ったことじゃないねん。

人間関係とか仕事とかで、うまくいってないと感じてる人は参考になるで。

要するに、うまくいってないってことは、一日、マイナスの感情で過ごすこと

が多いってことやん?

ということはマイナスの感情の引き金(トリガー)、元凶を見つけてあげて

今までとは、逆の行動を取るってこと。

・意地張ってるとき

・我慢

・隠す(うそ、秘密)

・やりたくないこと、嫌いなことやってるとき

・人の目気にする

・落ち込む

・耐える

・疲れる

ざっと、マイナスの感情のトリガー書いたけど、こういうとき、

マイナスの感情になるよねっていう話で、簡単に書けば、

嘘隠すのん、若干しんどいと思ったら、両親に打ち明けてみるとか

仕事一人でやってて、しんどいと思ったら、勇気だして、頼るとか

やりたくないこととか嫌いなことも、ついでに頼んで、

あと、うまくいってないときって、周りが敵に見えるんだけど、

そういうときこそ、周りの人信じて、甘えて、頼るってこと。

周りが味方の時のほうが楽でしょ。

ブログは毎日更新します。気分が乗らなくて、仕事と思い込んで、義務としてブログを毎日更新します

幸せに生きるために意識してることー

・やりたいことだけして

やりたくないことはやらない

 

・「今」を心地よく過ごすことだけに集中する

 

・やりたいこと、好きなことやるためなら、負けること

恥かくことも、進んでやる

 

・「他人」に意識のベクトルを向けない

自分にだけ集中する

 

・混乱したら、ネガティブになったら、ノートとペン持って

落ち着く。

今の感情、やりたくないことをノートに吐き出して、

「どうしたいのか?」書く

 

・答えは外にはない。外に答えを探せば不安になるから

結局、自分がそう思ったことをやるだけ

 

・好きなことするために、お金を稼ぐこと。

好きなことでお金を稼ぐことは考えない。得意なこと、やってて楽なこと

でお金を稼ぐこと

 

・できないこと、わからないことは

「できない!分からない!」って伝える

 

・無駄なこと、無意味なもの=好きなこと

好きなことやるのに、理由もないから、見返りを求めるっていう

発想がない

 

ぐらいかな今、意識してること。

あと、「ブログ」についての考え方改めよう

と思ってる。

今まで、僕は、ブログ書きたいときしか書かなかったのよ

書きたくないときとか書くことないときは書かなかったんだけど、

それ、もうやめようと思って、、。

というのは、「バイト」とか「仕事」とかって、働いてる人の

「好き」とか「嫌い」とかって、関係ないじゃない?

働いてる人の相応の働きに応じて、相応のお金が与えれる訳でしょ。

ということは、働くことにおいては、「好き」とか「嫌い」とかって、

一番優先されるべきことじゃないのよ。

一番は、その仕事が得意かどうかなのよ。

100メートル走が好きでも、遅かったら、100メートルでは稼げない

訳で、反対に、100メートル走が嫌いでも、世界一速かったら、

お金稼げるわけ。(ボルトめっちゃ稼ぐじゃん?)

だから、今、超得意な仕事してますよーっていう人だって、

毎日、その仕事やりたくなくても、毎日、働いてるんだと思うのよ。

もちろん、働くのが、好きなときもあるかもしれないけどね。

要するに、何かで稼ぐっていう人って、まず、自分が楽にできること

向いてることをやってる。

それも、「やりたくないとき」でも「気分が乗らないとき」でも、

毎日、やってる。だって、それで稼いで、それで生活してるわけだから。

稼いでる人の好きとか嫌いとかの感情の起伏とかで、今やってることをやめちゃう

ようなら、それは、得意なことではない。

つまり、仕事にはできない。稼げない。

 

だから、決めたんの。

書きたくなくても、気分が乗らなくても、体調が悪くても、

二日酔いでも、明日の朝早くても、その場にパソコンがなくても

得意なことだと、向いてることだと思い込んで、

ブログに関してだけは、好きとか嫌いの感情は無視して、義務として

毎日ブログ更新します

 

毎日ブログ更新します

 

毎日ブログ更新します