この世の中に取り返しのつかない失敗なんてないよ

僕より仕事ができて、僕より賢い人なんていくらでもいる。

僕の能力も要領の良さも所詮、人並みだから。

だけど、仕事でミスしたとしても、なんなら生きてる上、仕事がだけじゃなくて「他の人に比べてできない」という劣等感さえ抱えたことさえ最近ない。

一方、僕より仕事ができるくせして、頭がいいくせして、僕より悩むし、失敗して落ち込む輩が実に多い。

これはもう簡単な話。

・(仕事が)できる=〇、(仕事が)できない=✖

という前提で生きてるから。

だから失敗したら、普通に落ち込む。ほんでもって普通に劣等感抱く。

これが仕事がだけじゃなくて、生きる上においてストレス抱え込む人の、「当たり前、前提、呼吸」なわけ。

他にも、(仕事が)できない=✖してる人は、こういうのも✖にしてる可能性が大。

・✖のリスト

迷惑かける

失敗する

頼る

怒られる

嫌われる

失望される

見損なわれる

 

上の✖リストにあげてるのに、引っかかればこれまた普通に落ち込む。

仕事ができる人だったり、いわゆる優秀な人は、こういうマイナス要素を✖にしてる人が多い。

そうなると自ずと、他の人に「嫌われたくないから、迷惑かけたくないから」って考えるから、とりあえず問題に直面したとき一人で解決しようとする。

でね、ほとんどの確率で1人で仕事やり遂げるのよ。

その次も、その次も求められた仕事こなしてくれるのよ。

「仕事できるなら、それいいじゃん♪」って思うかもしれないんだけど、一人で頑張ってできてしまう人の世界で以下の通りだからね。

・他の人に迷惑かけたくない前提で生きている➡自ずと一人で問題を解決しようとします➡仕事できてしまいます➡けど、迷惑かけたくない前提で生きているから、失敗しちゃいけない前提で生きる羽目になってます➡失敗しちゃいけないと思いながら仕事してるから、めっちゃ息苦しさ感じる➡だから、仕事できたとしても、ストレス抱えたまま

 

1人で頑張ってなんでもすることを、「自力」といいます。

「自力」だけのエンジン積んで、アクセル踏んでるとき、ほぼ「失敗しちゃいけない」前提になります。

「失敗しちゃいけない」前提で生きてると、周りは「敵」である感覚で過ごすことになります。

失敗しても誰も助けてくれない前提➡だから、「失敗しちゃいけない」前提

という簡単な法則。

まぁ、だから、こういう感覚のときこそ、「失敗しろやボケカス!」なのですが、失敗すれば「自力」は一旦消えます。

「自力」が消えて、次現れるのは「他力」です。

この「他力」を先天的に持ってる人がいます。こういう人です

・仕事ができない人

・素直な人

・迷惑かけられる人

・助けっていえる人、それによって助けてもらえる人

・失敗できる人。失敗しても大丈夫が分かってる人

こういう人は「他力」を持ってます。

仕事ができなくても、ストレスがない人というのは、他人に迷惑かけることも〇にしています。他にも

・迷惑かける➡〇

・仕事できない➡〇

・頼る➡〇

・失望される➡〇

・嫌われる➡〇

こういうのを、自分の中で大丈夫にしてるから、ストレスが溜まらないんです。

ついでにこういう人は、「自力」が強い人より好かれます。

なぜなら、自分が失敗しても誰かが助けてくれる前提で生きているから、マジで周りのことを「味方」だと思ってるので、「失敗しちゃいけない」前提の人より、表情が柔らかいです。

自分が好きな人とか謎にみんなに好かれてる人とか観察してみてください。

おそらく、「失敗しちゃいけない」前提より「失敗してもいい」前提の人のほうが好かれる人に多いはずです。

僕個人としては、仕事ができてストレス抱えてる人より仕事はあまりできなくてもストレス抱えてない人のほうが好きです。

なぜなら、「失敗しちゃいけない」前提で生きてる人より、「失敗してもいい」前提で生きてる人のほうが社会に貢献できる気がします。

「失敗してもいい」前提の人は、自分が失敗しても、誰かがどうにかしてくれると思っています。

一見だらしない考え方のように見えますが、実際問題、この世の中に「取り返しのつかない失敗」なんてほぼないです。

スティーブジョブズがアップル社は今日も動いています。そんなもんです。

「取り返しのつかない失敗」なんてないという当たり前のことを、体現して教えてくれる人が「失敗してもいい」前提の人なんです。

僕からすると、

自分より要領が悪くて、仕事ができないけど、失敗しても大丈夫が分かってて、いつも笑顔な人は、僕の神です。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

 

読者登録よろーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

 

「さっさと負けましょう」ができれば、世界がひろがる

・意地張る

・プライド高い

・我慢比べ

・負けず嫌い

・拗ねてる

 

こういうのん全部同じくくりね。

例えば、お金の話。

お金をもらうことより稼ぐことのほうがすごいと思ってて、

なんなら、お金をもらうことが恥だと思ってたら、その分お金

受け取れないってことね。お金貰うこと=恥、負けだと思ってる限り、

お金受け取りの間口が狭いから、お金入ってこない。

お金欲しいなら、親なり、パトロンなりに「欲しいものあるからお金くださいなー」

って言えばいいだけ。

「お金欲しい」って言えないのは、お金をもらうことが恥だと思ってるから、負けだと思ってるから、親に迷惑かけると思ってるから。

だから、

「さっさと負けましょう」

「さっさと恥かきましょう」

「さっさと迷惑かけましょう」

ってことだよね。

「負けられない戦い」っていうのは、ほぼ幻想。

幻想かどうか確認するために、「さっさと負けましょう」ってことね。

お金の話で言えば、お金欲しいなら、親なり兄弟なりに「お金ちょうだい」っていうのが「負けにいくこと」「さっさと負けましょう」だね。

ほんでもって、「さっさと負けましょう」の結果なんてどうでもいいわけ。

本音(お金欲しい)に気づいて「さっさと負けましょう(親にお金もらう)」ができたことに価値があるわけ。

・「さっさと負けましょう」が一個できれば、競争の世界から足洗えます

・「さっさと負けましょう」が一個できれば、一個本音が言えたことになるし、やりたいこと一個やったことになる。

・「さっさと負けましょう」が一個できれば、前まで自分が恥だと思ってたことを、今回「さっさと負けましょう」でやったわけだから、次回も同じことができるし、それだけじゃなくて負けること、恥かくことに少しだけ免疫がついてるから「さっさと負けましょう」が板につくようになってるから、今度、自分がやりたいことが恥かく可能性があってもできちゃう。

・「さっさと負けましょう」が一個できれば(お金をもらう)、前まで、お金を得るための手段が「稼ぐ」だけだったのが、さっさと負けたことで、「もらう」という武器も手に入ったことになる。お金を得ることに関して言えば、「稼ぐ」と「もらう」の2つしかないわけだから、これは大きな進歩。

 

まぁこれお金を受け取る以外でも適用されるよね。

例えば、「知らない人と仲良くなりたい」を受け取りたいとするじゃない?

仮に、あなたが誰とも仲良くなれないとしたら、原因1つだけ。

「自分から話しかける」という行為をしないから。これしないのは、自分から話しかけて空気が変な感じになったらどうしようとか上手く話せなかったらどうしようって思って、自分からコンタクトとれないわけ。

要は、「負けたくないから」「傷つきたくないから」

自分から話しかけられない。ただそれだけ。

世の中のコミュ力ないとかほぼウソ。結局、自分が傷つきたくないから、話しかけないだけ。

コミュ力があるのは、才能じゃない。9割方「自分から話しかける」という勇気だけ。

だから、言ってんの。

「さっさと負けましょう」

「さっさと傷つきましょう」

って、

好きな人誘えないのも

断りたい誘い断れないのも

やりたくないことやってるのも

悩み構造すべて同じ。「さっさと負けましょう」ができないだけ。

だから、やるだけじゃんそんなの。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

 

読者登録よろーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

「失敗しても大丈夫」を「体感する」こと

人生イージーモードにしたかったら、「失敗してもいい」と思える状況にするってことだね。

人生難しくなっちゃってる人は、「失敗しちゃいけない」って思いながら生きてるから。

まず、失敗するっていうのは「プラス」か「マイナス」かで言えば、「マイナス」なわけ。

だから、

〇迷惑かける

〇嫌われる

〇失望される

〇怒られる

〇負ける

〇恥かく

〇できない

とかは、「失敗する」の仲間。失敗するを言い換えた表現だと思ってもらっていい。

だから、「迷惑かけてもいい」「嫌われてもいい」「失望されてもいい」「怒られてもいい」「負けてもいい」って思えたら、人生イージーモード、やりたいこと全部できちゃうよってこと。

ちなみにだけど、やりたいことできないのは、「失敗しちゃいけない」と思ってるから、みんなできないわけ。

ほんでもって、なんで「失敗しちゃいけない」って思ってしまうかというと、「失敗してる」他人見て、笑ったりバカにしちゃってるから。

例えば、濡れたマンホールにすってんころりんしてるのを見て、すげぇ冷めた目で「うわー恥ずかしい」って思っちゃったら、マンホールに滑るだけじゃなくて、他人から恥ずかしいと思うこと全般的できなくなっちゃうわけ。

そうなっちゃうと、あなたが例えば、ミュージシャンで、いざストリートミュージシャンやろうと思ってもできないわけ。だって、自分が世間とはズレた現象を見たときに「恥ずかしい」と思うってことは、他人も同じように自分が恥ずかしいことをやれば「恥ずかしい」と思うって思ってるから、やりたいことできない。

じゃあ、どうやって

「やりたいことやりたいけど、失敗するのか、恥かくのが怖いからできません」

を解決するのかというと、結局のところ、「体感する」ことなんだよね。

まぁ、「失敗するのん怖いけど、とりあえずやる」とか「恥かくのん怖いけど、とりあえずやる」をスケールの小さいところからでもいいからやることだね。

例えば、好きなこととか趣味とかって「無意味」なものなわけ。

いわば、生産性がないもの。それをやって自分が楽しむためだけにあるもの。

それが好きなこと。それこそ、中途半端に賢い人とかって、損得勘定できるから、無意味なことやらない。だって、やっても生産性がないから。だから、資格とったり勉強する。つまり、好きなことやるのはそれとは正反対のものだから、やるのはバカとさえ思ってる可能性があるから、そういうのんこそやる。

〇漫画読む

〇ドラマ見る

〇映画見る

〇おいしいものくう

〇お笑い番組見まくる

まぁー全部意味なんてない。こういうのんやってないならやるっていうのが、第一段階ね。

第二段階は、実際に、「失敗してみる」っことだね。

例えば、人に迷惑をかけないことを信条としてる人は、「これだれかにやってもらったほうがはやいな」と思ってることでも、迷惑かけたくないから、一人でやっちゃいます。ってことは、ホントは、「誰かに手伝ってもらいたい」と思ってるんだよね。だったら、「手伝って!」って言いましょう。今まで言わなかった分、その分怖いし、勇気がいるけど、言えば変わっちゃう。いえば、「迷惑かけてはいけない」という価値観から「迷惑かけてもいい」という価値観に変わるよ。

そうやって、「やりたいけど、怖くて、できない」と思ってることを探し出して、一個一個やる。

〇好きな人ごはんに誘う

〇仲良くなりたい。でも、自分から話しかけるのん怖い。怖いけど、話しかける。

〇1人焼き肉行きたいけど、、、、。なら、行け

〇欲しいものある。親からお金せびったことない。お金欲しいってお願いしたい。けど、親に迷惑かけたくない。いいから、とりあえず、お金欲しいって伝える。

こうやって、やりたいことやる。言いたいこと言う。

その結果、成功することもあるし、失敗することもあるよ。たぶん、失敗することのほうが多い。

でもね、結果はどうでもいいのよ。「失敗してもいい」が腑に落ちればそれでいいわけだから。

たくさん、失敗すれば、その分「失敗してもいい」が分かってくるから、失敗するのがどうでもよくなって、やりたいこと全部やるし、やりたいことやるスピードもめっちゃはやくなる。

今度は、失敗した後の、落ち込みからの立ち上がり方を書こうかな。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーー

  ⇩

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

 

 

ストレスを抱えながら稼いだお金はストレス発散で消えていきます

お金欲しいと思ったら、

➡働く

➡パトロン、親からもらう

しかないわけ。言っとくけど、投資とかクラウドソーシングとかめっちゃコスパ悪いからね。

だから、基本は、働くかもらうしかないわけ。

でね、「働いてんだけど、もっとお金欲しい」とか「貰ってんだけど、もっとお金欲しい」って思うじゃない?

これも簡単

もっとお金欲しいと思ったら、

➡もっと働くか

➡もっとパトロン、親からもらう

➡時給の高いところで働く

シンプルでしょ。もっとお金欲しいと思ったら、もっと働けばいいだけ。

たった、それだけ。

それができないってことは、どこかにメンタルブロックがあるってことだよね。

「もっとお金欲しいんだけど、これ以上働きたくない」

➡なぜか?

「もっとお金欲しいんだけど、もっとお金欲しいって言えない」

➡なぜか?

「なぜか?」の部分掘っていけば、お金の流れをせき止めてる正体分かっちゃうわけ。

「もっとお金欲しいんだけど、これ以上働きたくない」

➡なぜか?

①職場の人間関係が悪いから、行きにくいのか

②「失敗しちゃいけない」という空気感が強いのか

③そういうのん全部含めて、仕事に行くのは、精神的に憂鬱だから仕事に行く回数、職場にいる時間を少なくしたいからもっと働けないのか

④そもそも働きすぎてるのか

 

①~④は根本的には同じことを言ってる感じ。

職場に自分にとって信用できる人、好きな人がいれば、特に予定がなければ、シフト入れようって思うわけ。

「この人と仲良くないから、シフト入ってって頼まれたけど、適当に理由つけて入るの辞めよう」っていう人結構いるじゃない?

ってことは、誰とでも仲良くなれる人、どこにいてもストレスがない人って、制限がないから、お金入ってくる間口が広いから、お金入ってくる可能性がそれだけ高いわけ。

だって、職場にいる人全員仲間!っていう感覚なら、どこ入ってもノーストレスだから、ここに入ってって言われても、精神的にしんどくないから急なシフトにも入れるわけやから。

だから、人間関係ってめっちゃ重要。そこさえ、乗り越えちゃえば、ある程度のお金はもらえます。逆に、人間関係最悪なら、ストレス抱えながら仕事するから、必然的に働いたお金は、ストレス発散に消えていきます。なぜかって、これね、嫌な仕事、嫌な職場だとね、働いてるときもストレスだけど、働いてないオフの時間もそのストレス引きずるのよ。よくサラリーマンの話で「日曜日のサザエさんやってる時間と月曜日の会社出勤する日は憂鬱」っていうのもそれね。日曜日会社休みの日も次の日の会社あること考えたら憂鬱。だから、必然的に、お金もストレス発散に消える。身近なところで言えば、普段自炊して食費抑えられてるんだけど、嫌なことあった日は料理を作ってる間の食欲を抑えることさえも我慢できないから、外食しちゃうみたいなやつ。ほんでもって、ストレス溜めやすい体質の人は、腹八分目じゃ満足できないから、お腹いっぱい食べちゃう。夕食食べた後、ポテチ食って、アイス食べるみたいな。他にもいろいろある。これでストレスを抱えながら稼いだお金はストレス発散するために消えていくってことは分かってもらえたと思う。

だから、理想こうだろうね。

 

もっとお金欲しい

  ⇩

もっと働くorもっと貰う

  ⇩

仕事するのが楽しい、信用できる人、尊敬できる人見つけ♪

  ⇩

職場に行くのが楽しみが当たり前

  ⇩

だからもっと働く

  ⇩

ノーストレスで溜めたお金だから、基本、自分の好きなことにお金費やせる

 

これが理想だよね。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

「失敗しても大丈夫!」が分かってる人は無敵だな

「さっさと負けましょう♪」

「さっさと嫌われましょう♪」

「さっさと迷惑かけましょう♪」

 

これどういうことかというと、負けられない戦いしてるときって、大抵、うまくいってないわけ。

例えば、バイトとかで、昼間の時間帯三人体制でお店回しましょうみたいなことあるじゃない?居酒屋とかコンビニとか。

そういうとき、一緒にシフト入ってる人が好きか嫌いかって重要だと思うわけ。

言い方変えると、自分の周りが味方であるという感覚か敵であるという感覚ね。

自分が好きな人とシフト入ってるときって、不思議と失敗しにくいのよ。

なぜかって、仮に自分が失敗しても好きな人が助けてくれるって信じてるから。

業務的な失敗を助けてるくれるってこともそうやけど、一番はメンタル面ね。

僕自身、失敗すること自体少ないんだけど、そりゃあ一か月に2,3回ぐらい小さな失敗するわけ。

失敗したら、あくまで可能性の話だけど、相手に

失望されたり

迷惑かけたり

嫌われたり

怒られたり

するわけじゃん。

で、失敗した後、一緒にシフト入ってる人どう思ってるかってことなんだけど、別に失敗した相手のこと嫌ったり、失望したりしない。

ほぼ、「ふーん。そうなんだ」で終わり。覚えておいてほしいのが、本人が失望されるじゃないかとか迷惑かけてるんじゃないかとかって思ってることってほぼまぼろしなわけ。

実際は、失敗しても大丈夫だし

失敗しても迷惑かけないし

失敗しても嫌われないし

失敗して迷惑かけたとしても、次の日、会社は回ってるし

どれだけ大きな失敗しても、会社は回ってるってことは

世の中に取り返しのつかない失敗なんてないってことを

証明してるってことだし、誰かが大きな失敗して、その失敗

見た誰かが、「すごくデカいミスしても、どうにかなるんだな」って学べば、

その人失敗するリスクがあってもやりたいことあれば挑戦しちゃうかもしれないし

それで、もしその人やりたいことやっちゃえば、大きな失敗したことで大きな価値を生んだわけ。

つまりね、何回も失敗して、何回も大丈夫やった人って、

「失敗しても大丈夫!」が五臓六腑に刻まれてる人で、もちろんその人自身が失敗しても大丈夫を知ってるけど、「失敗しても大丈夫!」を他人にも伝えるられるわけ。

それは「失敗しても大丈夫」と直接伝えるのか

本人が失敗してる姿を実際に見せれば、大丈夫やったら、あなたの周りにいる人は安心して「失敗できます」

つまり、「失敗してもいい」という感覚でなんでもやっちゃいます。

失敗してもいいからやりたいことやれたら、物事上達します。

以前より仕事を覚えようとします。

逆に、失敗してはいけないという感覚だと大抵、うまくいきません。

これは、仕事のシフトが嫌いな人と入ってるときは、この「失敗してはいけない」モードに入ります。

最近は、「失敗してはいけない」モードに入ることも少なくなってきたのですが、でも、たまにあります。

そして、ここでそもそもの前提を書いておきたいのですが、

「失敗してはいけない」モードに、嫌いな人によって入らせてるんじゃなくて、自分から「失敗してはいけない」モードに入ってるんです。

というより、嫌う側嫌われる側の関係があるとしたら、問題があるのは、嫌う側にあります。嫌われる側に一切の非がありません。

僕にも嫌いな人はいますが、善人ぶってこういうわけではないのですが、嫌われる側に問題があるわけではなく、100%自分の問題だと思ってます。

なぜなら、心の仕組みとして、人を嫌ったり、怒ったりするのは嫌いとする相手が自分の設定してるルールを破ってるからなんです。

つまり、嫌いな人が多い人って言う人は、許せないことが多いし、設定してるルールが多すぎるんです。反対にいろんなことを許せる人は、人を嫌いになりにくいし、そもそも自分に課してるルールがないってことは、基本的になんでもできちゃう人ってことになりますね。精神的自由人ってことかな。

僕の場合なんかで言うと、

自分より仕事ができる人

自分より視野が広い人

自分より正しいことがいえる人

つまり論理が強い人

自分より常識的な判断ができる人

が苦手なんだと分かりました。なんでも書きますが、こういう人が嫌いですが、こういう人には非がないってことだよね。

でも、こう書くと面白くて、以前の自分が憧れた人が今嫌いになってるんだと思う。

今、まったく憧れないよ。

仕事ができることにも論理的な判断ができることにも常識的な判断ができることにも一切興味ない。

今は、仕事できることより楽しみたいし、正しいこととかどうでもいいから楽しいことやりたいし、常識なんていらないと思ってる。

だからこそだよね。

以前いいと思ってた価値観の人が目の前に現れると、今の自分を強い論理をもって否定してくるんじゃないかと恐れるから、距離とっちゃうのよ。

だって、今、仮に、「フリーターより正社員のほうがいいよね。なぜなら、こうこうこうこうで」なんて説明されたら、言い返せないもん。

ディベート苦手な人手あげて!はーい!

ディベート強そうな人嫌いなわけ。だって、怖いじゃん、ディベート嫌いな人って必然的に感覚的に好きなもの選んで好きなことやってるから、「好きなことやる意味あるなんて」きかれたら、「別に意味ないけど」ってなっちゃうわけ。

てなわけで、今は仕事できる人怖い

論理強い怖い

視野が広い怖い

常識怖い

まぁ、怖いけど、怖がらせる側にはまったく非がないんだよね。

100%こっちの問題。

ちなみに、嫌いな人と一緒になると、ほぼ「失敗してはいけない」モードに入ります。

なぜなら、失敗したら弱みを握られると思ってるからです。

どちらも、負けたくないと思ってるので、必然的に減点法で物事見て生きます。

脳のなかでは「失敗したら迷惑かけるなー」とか「失敗して責め立てられたらどうしよう」と考えます。

我慢比べとか意地の張り合いです。この「失敗してはいけない」モードは確実に。

例えば、失敗してはいけない以外にも、

迷惑かけてはいけない

仕事できないと思われてはいけない

とか、周り回って、

この人と仲良くなってはいけないとか

思い始める。仲良くなっては負けだと思い始める。よくよく考えたらおかしいわけ。そんな法則ないじゃない。仲良くなったら負けとか他にも夫婦関係とかで喧嘩した後、お互い口も聞かないみたいなときって、「先に話しかけたら負け」とか「先に謝ったら負け」とかって話あるじゃない。

こんなもん、我慢比べしてないで、意地張ってないないで、さっさと先に話しかけたら済むのよ。

我慢比べしてるときの空気ってめっちゃ悪いのよ。すさまじく。

最近経験したからよく分かる。

だから、我慢比べせずに、先に白旗あげる。

つまり、先に話しかける。

小さい迷惑かけてみる(頼ってみるとか)

分からない仕事聞いてみるとか。

雑談するとか。

ろくに口もきいたことないなら、それやれば大抵、仲良くなれます。

まぁー意地の張り合いからプライド高くなってるから降りるのも相当つらいんだけどね。

うわー長くなったバイビー

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

 

読者登録よろーー 

  ⇩

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

 

結果を出すことだけに集中します。なので、ブログ毎日更新しません!

ブログを更新すると決めて、今日まで約三ヶ月続いた。

まず、そんな自分を褒めてあげたい。四月に派遣先の新潟から神戸に帰って来てから、一週間後には、「毎日、書く」と決めて、今日まで到達した。

「4/18~6/18まで毎日ブログを更新する」と書いた紙を壁に貼り付け、その自分の決めたルールを守り、6/18どころか7/31まで来た。

自分の中では十分すぎるぐらい出来た。ベタな表現だけど、「やれば、できるんだな」と自分を他人事のように思う。

自分の決めたことを、ちゃんと守って、ちゃんとやった。

大抵、自分の決めたことなんて、途中でやめてしまって、三日坊主になる。

じゃあ、なぜ、ブログに限って言えば、更新できたのか?

安っぽい表現だけど、この一言に尽きると思う。

「好きだから」

好きだから、毎日書けた。ブログ以外で毎日続いたのは、「高校の時のサッカーの自主練」だけだ。

部活の練習がある日も、ない日も、時間を見つけて、自主練した。

それもこれも、「好きだから」継続できたんだと思う。

そして、ブログもサッカーの自主練も継続できるものには、ある一個共通点がある。

継続して、最初の1,2週間が一番つらい。

正直、最初の⒈2週間はブログだって、サッカーだって、やらされてる感覚が強いし、努力してる感覚も強い。ブログを書くことも、サッカーも「好きなことではないかも?」って疑心暗鬼になりながら、半ば強引に続けた。

おそらく、「強引に続けた」というのが肝なんだと思う。

とりあえず、⒈2週間「強引に続ける」。

その後に、それでもまだ、「強引に続ける」感覚、努力してる感覚、やらされてる感覚がまだ残ってるなら、スパッとやめていい。

たぶん、あまり好きでもないし、得意ではないのだろう。

反対に、楽に継続できるように、軌道に乗ってる感覚に、ブレイクスルー感に変わったなら、続けちゃっていいと思う。

たぶん、それは好きなことで、得意なこと。

だから、今、やってることが得意かどうかを測るには、とりあえず、「強引に一二週間続ける」。そして、その後、楽な感覚かしんどい感覚を見て、楽なら続ける。しんどいならやめる。継続できるか否かの判断基準はそれだけでいい。

 

 

そして、今日、壁に貼ってある「4/18~6/18までブログ更新!」という紙を外し、新たに、「8/1~10/1までクラウドワークスを毎日一件書いてクラウドワークス〇〇万円稼ぐ!」と紙に書き出し、壁に貼り付けた。

「ブログ更新!」と書かれた紙より具体的で、結果にフォーカスした自分の決めたルールになった。

この場合、結果はお金ということになる。

今、お金に飢えてるわけではない。「どうやったらもっとお金を増やせるだろうな?」と単純に興味としてあるだけだ。

今日も、給料日だから、二つのバイト先の給料を確認してきた。

併せて「15万円」

想定内だ。そんなものは、給料日前に、給料明細を渡されるから、それ見れば、単純に二つのバイト先の給料を足せば、分かる。

ただ、今日、通帳見て、「15万円」という数字を見て、今月稼いだ額を実感し、改めて、思った。

「どうやったらもっとお金を増やせる?しかも好きなことで!」

この「15万円」は好きでも嫌いでもない「得意なこと」で稼いだお金だ。

自分が楽にできることだけを淡々とやった結果が、この数字である。

この数字を見て思ったのは、少ないお金でもいいから好きなことで稼いでみたいということと単純に数字として、スコアとして「15万より20万、30万」のほうが嬉しいし、美しいから、その世界見てみたいなと思う。

だから、一旦、ブログ毎日更新をやめにする。

「とりあえず20万円目指してクラウドワークス」やるよってことだね。

今月はクラウドワークスで結果を出すことだけに集中すること。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーーー

  ⇩

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

 

ブログ書いてる今も、どこかの誰かはパコってる!

夜、暑さにうなされて、目が覚める。

とりあえず、Tシャツを脱いで、目を閉じる。

でも、暑いから、結局、エアコンを付ける。

少し寒い。だから、若干汗ばんだシャツをまた着るか、素肌に布団を被せるか迷う。

素肌に布団をチョイスすることが多い。10回の内の7回は、「素肌に布団」を選ぶ。

10回の内の2回は、シャツをチョイスし、一回はシャツと布団をチョイスする。

エアコンという文明の進化の象徴に感謝し、エアコンがもたらす冷気による快適さに感謝しながら、目をつむる。

でも、また、寒くなる。そして、また選択を迫られる。

エアコンの冷気が顔だけに浴びるように、布団をギュッとする。

素肌に布団をフィットさせるイメージだ。それで、また自分にとっての適温が保たれる。余談ではあるが、「10月になると、カップルができる率が高くなる」と有吉弘行がラジオで話していた。

なぜなら、「10月になると寒くなり、人肌が恋しくなるから」らしい。

人肌、恋しくなるから、誰でもいいから、手当たりしだいモテる男女は、男なら女、女なら男、オカマなら千葉雄大みたいな奴を見つけ出して、とりあえずセックスして、そっから付き合うかどうかを決めるのか、、、まーあくまで推測、想像でしかない。

おそらく、この見当は外れまくってる。いかんせん、彼女なんていたことがないから、分からない。

「経験のなさは、想像を育て、その想像は、大抵外れる」なんか名言っぽい。

額縁にして、壁に貼り付けようかな。まー冗談だけど。

でも、ここらで1個想像ではなく事実をぶつけやろうではないか?

今、こうやって僕がブログを書いてるとき、まさにそのとき、今、この瞬間に、どっかの誰かがセックスしてます!地球の裏なのか、マンションの隣の隣なのか、試しに、壁に耳をつけて聴いてみよう。くそーやらしい女のあえぎ声は聞けないぞ!

でも、僕は、神戸市の板宿というところに住んでいる。板宿に住んでるどっかの誰かは三宮に住んでる女を連れてパコってるかもしれない。

三宮ではないにしろ、この時間帯ではないにしろ。板宿のどこかで純粋にパコるのが好きだからパコってるのか?はたまた子作りという目的のための、通称目パコなのかは知らないけど、板宿にはいるし、板宿にはいなくても、新長田にはいる。

ふざけて書いてるように見えるかもしれないけど、あながち真面目に書いてるからね。

要は、あなたが毛嫌いしてることは、あなたとは関係ないところで行われてるってこと。

密輸も、裏ビジネスも、パチスロも、乱交パーティーも、枕営業も、呑気にブログ書いてる今も行われてるという事実ね。

だから、危機感持たないといけないわけ。他人事だと思っちゃいけないわけ。

オレオレ詐欺に引っかかるのは、結局のところ他人事だと思ってるからだよ。

しっかり、当事者意識を持つ。裏ビジネスも、密輸も、パチスロも、板宿のパコりにも当事者意識を持つこと。それすなわち危機感!

分かった?危険はすぐ近くに潜んでるから、自分の身は自分で守る。分かった?

危険な男から触られたら「ドンタッチミー」おいしいお菓子は?「ドンタコス!」イェーイ!

 

結局、エアコンの話どうなっちゃんだよ。まー快適がいいよねって話だね。

バイばーい!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

 

読者登録よろーーー

   ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474