読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発本ばっかり読んでる人は、これやったらいいよ

f:id:thinkergirl:20170524115856j:plain

自己啓発本いっぱい読む人。

セミナージプシーに陥ってる人(いろんな人のセミナーに)。

こういう人って、シンプルな答えを信用できないのよ。

例えば、シンプルな人って、

〇お金欲しい

➡自分がそう「思った」ことやる。もしくは、方法調べる

➡もらう、働く

〇ブログのアクセス欲しい

➡自分がそう「思った」ことやる。もしくは、方法調べる

➡ブログ毎日更新する、おもしろい記事書く

〇1人で寂しい

➡自分がそう「思った」ことやる。もしくは、方法調べる

➡LINEで誘え!

〇テストでいい点とりたい

➡自分がそう「思った」ことやる。もしくは、方法調べる

➡勉強すれば(何回も読む、書くとか)

一方、セミナージプシーね。

〇お金欲しい

➡自分がそう「思った」ことやらない

➡方法調べる

➡答え出た。でも、もっと楽な方法

➡方法調べる

➡答え出た。でも、傷つかない方法

➡方法調べる

あとも同じ。

セミナージプシーの人が、なにか欲しいとかなにかやりたいことやりたいと思ったときにとる行動は、まず、「方法を調べる」からの「答え出た」からの「もっと楽な方法、もっとも傷つかない方法、負けない方法」の無限ループ。

あればいいけどね、「もっとも傷つかない方法、恥をかかない方法」が。

でも、ないのよ。

だって、なにかをやりたいと思ったら、結局、動くわけだから。

傷つく可能性もあるし、負ける可能性もあるやんってこと。

つまり、セミナージプシーが嫌で、治したいと思ってる人がやるべきことは、自分がそう「思った」ことをやることと「負けても大丈夫」「恥かいても大丈夫」を腑に落とさせる。

どうやったら、「負けても大丈夫」「恥かいても大丈夫」を腑に落とすか。

たぶん、セミナージプシーの人は、自分がやりたいことは基本傷つく可能性があるという思い込みがあるから、「もっとも傷つかない方法」を探すわけ。

けど、そんなもんなかった。だって、方法調べの無限ループが続いてるってことは、「傷つかない方法」がなかったってことや。

だから、やりたいことやる。自分がそう「思った」ことやる。小さいことからでいいから。

やれば、「負けても大丈夫」「恥かいても大丈夫」に気づける。

というより、誰も自分の行動に興味ないって分かるから。「負ける」とか「恥かく」とかのマイナスは幻想だったってことに気づくから。

あと、仮に、「負けた」「恥かいた」としよう。そんなケースも実際ある。

1人で寂しいから、誰か誘った。でも、断られた。

どうしよう。頭の中は、ネガティブが支配する。そのネガティブ見えないから怖い。

見えたら安心する。だから、ノートとペン持って、ネガティブな感情書く。可視化するとネガティブ消えて、落ち着く。その後、どうしたいか考える。どうしたいかが決まったら、それやる。

ほら、結局、「負けても大丈夫!」

 

 

thinkergirl.hatenablog.com

 

 

thinkergirl.hatenablog.com

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーーー

  ⇩

 

 

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

「すでに愛されてる」と「すでに愛されてない」どっち信じてる?

f:id:thinkergirl:20170523105336j:plain

 

 

「どうせ愛されてるし」っていう前提でいれば、

「愛される」現実がやってきて

「どうせ素晴らしい」っていう前提でいれば、

「素晴らしい」現実がやって来て

「どうせ認められてるし」っていう前提でいれば、

「認められる」現実がやってくる

 

心のこと好きで、いろんな心理系のブログ読んでる人なら、聞いたことある言葉だと思う。

僕自身、この文章読んだときに、「怪しいな」と思った。

だって、根拠がないから。ロジックが通ってないから。

だって、普通ね。

「彼女もいて、お金もあって、地位も名誉もありますよ」

があって、「認められてる、愛されてる、素晴らしい」って思うわけだよね。

でも、これ逆だもん。

先に、「認められてる、愛されてる、素晴らしい」って思う。

そうすれば、証拠が降ってきます(お金、地位、名誉、欲しいもの)だからね。

だから、やっぱり、ここだけ切り取れば、ロジックが成り立ってないから、「怪しい」のよ。

そのまま信じれば、スピリチュアルに傾倒していって、危ない人になっちゃう。

高いツボとかかわされる(笑)

だから、ちゃんと、辻褄合わせないとダメのよ、自分の中で。

心理って、結構、あやふやなものが多くて、これだけじゃなくて信じれない人から見ればほとんど「怪しい」っていうものだらけ。

だから、結局、自分が被験者になって、心理のエッセンスが本当かどうか調べてねっていうのがほとんど。

要は、体感してください。行動してください。ってこと。

で、

「どうせ愛されてるし」っていう前提でいれば、

「愛される」現実がやってきて

「どうせ素晴らしい」っていう前提でいれば、

「素晴らしい」現実がやって来て

「どうせ認められてるし」っていう前提でいれば、

「認められる」現実がやってくる

これだよね。これだけ読んだら、「怪しい」わけ。だから、かみ砕く作業。

「すでに愛されてる」存在だとしたら、、、

「すでに素晴らしい」存在だとしたら、、、

「すでに認められてる」存在だとしたら、、、

・我慢しますかしませんか?しないよね?

・やりたいことやりますかやりませんか?やるよね?

・やりたくないこと続けますか続けませんか?続けないよね?

・etc

つまり、「あなたはすでに愛されてます」を信じている。その上で、その行動を選択するかってこと。

「あなたはすでに愛されてない」を信じてる人と「あなたはすでに愛されてる」を信じてる人の行動の選択って違ってくるよね。

どちらのほうが、愛されてる証拠、認められてる証拠を集められるかって、「すでに愛されてる」を信じてる人だよね。

「すでに愛されてる」を信じてる人は、失敗してもいいから、負けてもいいから、やりたいことやりはじめるのよ。だって、失敗しても「愛されてる」から。

逆に、「すでに愛されてない」を信じてない人は、失敗しないように、負けないように、みたいな無難なほうを選びだす。だって、失敗したら、「すでに愛されてない」が色濃くなるから。

だから、始めに、「すでに愛されてる」を信じる。

もしくは、「すでに愛されてる」前提で動いてみるってこと。

どうしても、「愛されてる」証拠がないから、動けないから。

仮に愛されてるとして、、、もし、愛されてる人だとしたら、、、、「愛されてる」前提で、、、みたいな信じるんじゃなくて、疑心暗鬼でやってみるってこと。

「すでに愛されてる」を信じてて、やらない人より疑心暗鬼でも、やれる人のほうが「愛されてる」証拠集めやすいから。

あと、これ最後。

証拠っていっても、分かりやすい証拠がバンバン出るかっていうとそれは人による。

地位、名誉、お金、友達、はカンタンに引き寄せられないと思う。

というより、「どうせ愛されてるし」の目的って、結局、

「やりたいことやって、

やりたくないことやめて

好きなことだけやって

嫌いなことやめて」

が出来てれば、見返りがなくても、それだけ幸せになれてるよねってことだから。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

読者登録よろーー

  ⇩

 

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

すごく賢い人とすごくバカな人の共通点

f:id:thinkergirl:20170522111208j:plain

昨日、外食しにいったのよ。おろしたてのサンダル履いて。

おろしたてだから、かかと擦れて、痛くなって、挙句、血まで出ちゃったのよ。

痛くなってる間、ずっと、不快。行きも帰りも合わせたら、10分ぐらいだろうけど、体感的には、長く感じる。

「楽しい時間はすぐ過ぎるように感じて、不快な時間は長く感じる」

相対性理論は、この世に存在してるって、身をもって感じた。

それで、はなし元に戻すね。

正直、痛かったから、サンダル脱いで、裸足で歩きたいなぁって思ったの。

でも、「人の目」あるしって思って、、、、。ほら、出た「人の目」

 

thinkergirl.hatenablog.com

 人の目については、前の記事で書いたよね。

「人の目」があるから、やりたいことできないし、やりたくないことやめれないし、

我慢してることやめれないし、

とにかく、自分が取りたいと思ってる行動の足かせになってるのは、ほとんど「人の目」

それで、前の記事では、「人の目」なくすには、どうすればいいのかを書いたのよね。

詳細は、リンク先まで、飛んでもらうとして(最後にも貼るね!)

今日は、そのまま「人の目」意識し続けたら、どうなるかを書くね。

まず、今、「人の目」気にして、やりたいことしてない、やりたくないことしてる、我慢ばっかりしてるとしよう。

断言しよう。一生、そのままだよ、あなたの反応、行動を変えない限り。

実は、この世界って、〈今を持続する〉っていう性質があるわけ。

今日、幸せな人は、明日も幸せなわけ。

今日、我慢してる人は、明日も我慢する。

過去一年間幸せだった人が、明日不幸なことって、まぁーない。

過去一年間我慢してる人が、明日我慢しなくなるかって、まぁーない。

だから、明日、我慢したくなかったら、今日我慢するなってこと。

単純だよね。

これって、「人の目」気にし続けてる人にとったら、勇気いること。

だって、今まで、我慢してきたわけじゃん。

「休まない、頼まない、助けって言えない、弱み見せない、うんこしたいときにいかない、しんどいことやり続ける」

これを「やーめた」って言って、やめれるかっていう話なわけ。

我慢やめないと、我慢続く。我慢やめたら、我慢終わる。

我慢やめたい。でも、怖い。何が?「人の目」

じゃあ、「人の目」が100%なかったとしたら?

その我慢する?しない?

たぶん、しないよね。

ってことは、自分が出した答えは、「我慢しない」だよね。

「怖いけど、我慢しない」を選べば、人生変わっちゃう。

「怖いけど(人の目)」を完璧になくすことは、不可能だけど、軽減することはできるよ。最後の所に、リンク先の記事貼っとくね。

最後に、起業家には、主に二通りの人間がいるんだって。誰かが言ってた。

すげぇ賢い人とすげぇバカな人だって。

持論だけど、どっちも人の目気にしてないな。

国民の80%ぐらいの人は、小利口な人(僕も含めて)

そういう人の特徴って

〇真ん中の答えが分かる人

〇常識が分かる人

〇空気が読める人

〇多数派がどちらか読める人

これが出来る人は、小利口な人なわけ。

で、そういう人って、イメージしてくれたら、いいんだけど、我慢する人生歩むでしょ。だって、多数派がどちらか分かる。だから、自分の意見は反対派、少数派の意見だけど、いろいろなことを円滑に進めたいから、とりあえず、多数派に流れる。

ほら、我慢してる。僕の想像が及ばないだけで、小利口な人は、もっと我慢してるんだと思う。

一方、すげぇ賢い人は、どうか。

小利口な人は、二手三手先まで読めるのに対して、すげぇ賢い人は5,6手先まで読める。

だから、小利口な人が、多数派の意見を受け入れて我慢する筋道がすげぇ賢い人は分かるわけ。

だから、すげぇ賢い人は、そもそも、我慢するような道を通らない。

つまり、「人の目」の感覚はあるけど、そんなもんに従ってたら、我慢するっていうのもわかるから。

それだったら、我慢しない、好きなことするを単純に選ぶワケ。

で、すげぇバカは、どうかというと、「人の目」の感覚がない人。

まったくないから、自然に、我慢しないし、好きなことするができる。

まぁ、だから結局、小利口な人が一番損すると思うよ。

 

thinkergirl.hatenablog.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーー

  ⇩

 

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

「好きなことで稼ぎたい!」←ハァーその前に「毎日、好きなことしたい!」じゃねぇの?

f:id:thinkergirl:20170521141020j:plain

「お金が欲しい」って思う。

じゃあ、「働けば」で済むでしょ。

じゃあ、なんで、そもそも「お金が欲しい」って思うわけ。

まず、最低限、払わないといけないお金ある。

家賃、通信費、食費、インターネット料金、水道光熱費、NHK受信料とか払う必要があるものは、払うよね。

それ以外の稼いだお金って、どこ行くかって、「自分の好きなこと」に使う。

「毎日、好きなことやりたい」から働くわけ。

だから、どんな仕事をやりたいか?より、この仕事は、楽か?

仕事が終わったあと、仕事が始まる前、「好きなこと」やる時間があるかどうかで仕事を選んでる。

だから、就職してないのかもね。時間拘束されちゃって、「好きなこと」やれなさそうだし、「正社員」のほうが、精神的にも、体力的にも、いっぱいいっぱいになっちゃいそうだもん。(あくまで、勝手なイメージよ。)

「好きなこと」って、余力があるから、できるわけ。

「好きなこと」だから、いくら疲れてる状態でも、できるだろうっていう話あるけど、それ違うよ。

めっちゃ疲れてる人は、「とりあえず、休みたい!寝たい!」が一番のやりたいことだから。

まず、「好きなこと」っていうのは、くだらないもので構わない。

「好きなこと」やるのは他人にモテるためにやるものでも、自慢するためにやるものでもない。

100%自分の為にやる。何のためかって、自分を楽しませるためだけ。

だから、無生産で、無目的で、無意味で構わない。ましてや、ビジネスに、お金になりそうだからっていう、下心は特に、最初の内は、持たないほうがいい。

とりあえず、

〇漫画読む

〇小説読む

〇映画

〇バラエティー見る

〇料理

〇ブログ読む

〇フットサルする

〇バイク乗る

〇ブログ書く

〇1人カラオケ、焼き肉

〇ライブ行く

なんか、こういうみんな「好きなこと」ってなにかあると思うのよ。

とりあえず、その何かをずっとやりたいならやる。

僕の場合、「漫画読む」「小説読む」「買いたいもの買う」「食いたいもの食う」「バラエティー見る」「ブログ読む」

が好きなことで、それが出来なかったらって考えたら、めっちゃ腹立つから、単純に働いてるわけ。

それで、働いて、好きなことやる時間がなかったり、疲れて、好きなことやる体力がなくなったら、それも、めっちゃ腹立つから、働き過ぎず、自分が得意なことだったら、疲れないから、そういう仕事を選んでやる。

ついでに、好きなことやるための体力を養うために、走る。そうすれば、好きなことできる。めっちゃ、シンプルで、脳みそ単細胞やん。

なんか知らんけど、文章も、脳みそ単細胞やん(笑)

まぁいいや。それで、究極は、「好きなことで、得意なことで稼ぐこと」だよね。

心理学が好きで、「書くこと」も得意。(文章のクオリティー関係なく、毎日1000字近く書けるんなら、向いてることにしよう)

だから、ゆくゆく、ブログ書いて、稼げるようになれば。

一日のなかで、「好き」の純度が高くなる。今は、「普通、普通、好き、好き」みたいな24時間の流れだけど、後々、「普通、好き、好き、好き」にしていきたいし、今の感じでいけば、そうなるんだと思うよ。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!  

 

読者登録よろーーー

  ⇩

 

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

自称ツッコミキャラはすぐに、「ボケ」キャラになってください

f:id:thinkergirl:20170520104122j:plain

お笑いって、「ボケ」と「ツッコミ」で成り立ってる。

その文化って、もともとお笑いの世界と、一部の面白い関西人の中だけにあったはず。

それが、もう我々、一般ピープルまで「ボケ」と「ツッコミ」文化が浸透している。

「四人いて、三人はボケるから、自分はツッコんで回して」とか「芸能人のツイートに一般人が批判して炎上させる」は、その文化が浸透してることを意味する。

個人的には、雑談してて、「お前はボケキャラで、俺はツッコミキャラで」みたいなことはなし始められたら、途端に冷めちゃう。

それ言っちゃった瞬間、「枠」が出来ちゃって、その「枠」から外れたことできなくない?って思っちゃうし、大体、そんなこと言うの、自称ツッコミキャラだもん。

一番、タチが悪いのんこいつらね。絶対。

芸能人のツイートにかみついて、突っ込んで、友達が発した言動の間違いを正して。

自称ツッコミキャラの特徴としては、

①批判する

②監視する

③間違いは正す

④真ん中からズレたやつを批判する。

⑤ボケ側の人を冷めた目で見る

などがある。もうはっきり言おう。ずっと、「ツッコミ」側でいようとする人嫌いなんだよね。

「ツッコミ」側にしがみついておけば、ずっとイニシアチブとれると思ってるから。

実際、自称ツッコミキャラさんは、その場ではイニシアチブ取ってるんでしょう。おそらく。

でも、本音は「批判されたくない、いじられたくない、斜に構えてたい、センスある風に見せたい」なんでしょ。

だから、そちら側にいようとしてるんだよね。

もうはっきり言っちゃおう。

「ツッコミ」側に需要があるのは、プロのお笑いの人だけ。

一般人がどれだけ、SNSでセンスのいいツッコミツイートをしてても、友人間でのツッコミキャラでセンスのいい人ぶってても、それで得られるウケた快感もたかが知れてるし。

てか、需要がない。「ツッコミキャラ」に。

だって、圧倒的に、「ツッコミ過多」世界だよね。その世界でい続けても意味ないよ。

どれだけ、冴えたツッコミしても、さらに上には上行く人いるんだよ。

オードリー若林とか南キャンの山ちゃんとか有吉とかに、勝てる?

ムリじゃん絶対。「えっ?その人たち見て一回も笑ったことないから、俺のほうがおもしろいって?」

バーカ!そんなわけねぇだろ。面白いか面白くないかは、テメェで決めることじゃねぇの。世間様が決めるの!

そんなこと言う奴、普段、物事客観的に見て、間違いを正してますみたいな体かもしれねぇけど、お前が一番客観視できてねぇじゃんばか。

少なくとも、そんなこと言う人よりは、プロツッコミの人のほうがおもしろいから。

ほんで、プロツッコミの人も、ボケもできるからね。

だから、超一流プロツッコミもできるわけ。

いじりが上手い人って、例外なく、いじられることもいとわない。

自分がいじられれば、いじられる側の気持ちも分かるから、次上手に自分がいじれるわけ。

あと、オードリーの若ちゃんエッセイで書いてたよ、「いじりもいじられもできる人は精神的に健康だって。」

それは、一般世界でも、同じ。

まじで、ツッコミ側でいる人は、自分が一回ツッコまれる側に回ったほうがいいよ。

傷つかないところで悦に浸って、ツッコミ続けられるのは、人としてズルいし、さっきも書いたけど、「ツッコミ過多」文化だから、そこにいても食い扶持ねぇから。

だから、明日から、ボケ行動をしてください。ボケワードは言わなくていいよ

①真ん中からずれること

②話しかけられるのが今までのスタンスなら、自分から話しかける

③自分のやりたいこと全部やる。その中に、多数派からずれるものもあるけど、それやる。

④相手のやりたいことやってるのを、「恥ずかしい」っていう目で見ない

 

最後におすすめの本二冊紹介。これ読めば、ツッコミでいる意味なくなるよ(笑)

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

 

 

 

一億総ツッコミ時代 (星海社新書)

一億総ツッコミ時代 (星海社新書)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーーーー

  ⇩

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

(好きでも嫌いでもないけど、得意なこと)から(好きなことで、得意なこと)への移行

f:id:thinkergirl:20170519121704j:plain

 

「本気度」を1~5で数値化するね

 

・「心理のブログを毎日書く」→5

・「毎日ランニングする」→5

・「週5でバイトする」→5

・「好きなことできる時間を作る」→5

・「小説・漫画読む」→4

・「心理のブログ読む」→4

・「書いたいと思ったもの基本買う」→4

・「心理のブログでアクセス欲しい」→4

・「バラエティー見まくる」→4

・「心理のブログでお金を稼ぎたい」→3

・「ドラマ見る」→2

・「友達作る」→2

・「料理」→1

 

(好きなことで、得意なこと)は5→「心理のブログ毎日書く」

(好きでもなく嫌いでもないけど、得意なこと)も5→「週5でバイト」

それで、なんで、(好きでもなく嫌いでもないけど、得意なこと)をやるのかって、(単に好きで、毎日やってしまうもの)を、お金を心配せずにやりたいから。

要は、(好きでもなく嫌いでもないけど、得意なこと)をやるのは、お金を獲得するため。

それだけだから、働くことでのやりがいとか学べることより、どれだけ、ノーストレスで、働い分のお金を頂けるか。そこだけではないけど、ノーストレスが一番。

だって、(単に好きで、毎日やってしまうもの)もやりたいから、それやるための余力を残しておくのは、僕にとって当然。

バイト終わったあとでも、精神的な疲れと身体的な疲れがないなら、全然、(単に好きで毎日やってしまうもの)に時間を費やせる。

あと、お金をもらう過程でストレスをためないことも大切だけど、(単に好きで毎日やってしまうもの)を平気でやるには、体力と時間も大切。

そのために、(毎日、ランニング)してる。

単純な話で、毎日走れば、体力がつく。

もう1つは、走ってると脳がクリアになってくるから、ブログに書く内容とか走りながら考えたり、走ってるとネタが振ってくるから、ブログ書く前、走るっていうのは、毎日のルーティン。

あと、毎日走ってると、勝手に生活リズムが整ってくるみたいで、「早起き」というオプションもついてきた。

これで、「時間」も確保できたわけ。

だから、毎日ブログ書いてても、週5でバイト行ってても、毎日ランニングしてても、体力も時間もないなぁって感じることがない。

実際、体力も時間もついでにお金もあるから、(単に好きで、毎日やってしまうもの)

ができるわけ。

あと、(単に好きで、毎日やってしまうもの)に自分が楽しむ以外に求めるものはない。

バラエティーみる。小説読む。映画見る。ドラマ見る。漫画読む。料理する

そんなことになんにも求めてません。でも、今後、求める可能性があるのかないのかというと、0ではない。

だって、もともと、(心理学×ブログ)だって、単に自分が楽しむためだけにやってたから。好きで、心理学のブログ読んでて、ブログ書いてて。

でも、今、下心あるよ。

(心理学×ブログ)で認められたいし、アクセス欲しいし、お金も欲しいし、今、(好きでもなく嫌いでもないけど、得意なこと)→バイトやってるから、(好きなことで、得意なこと)に移行できればいいなって思ってる。

求められればお金が発生するんだから、求められるレベルまで、自分のブログを持っていければ、お金は発生する。

だから、結果が出るまで、書き続けること。書きながら、結果を待つ。

でも、結果がでなくても、悲しくならない。もともと、好きで始めたことだから、「結果」が出ようが出まいが、毎日書ける。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーー

  ⇩

 

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474

 

自分の「心」を縛ってるのは、自分の中の「思い込み」と「ベッキー」と「ポリス」

f:id:thinkergirl:20170518115001j:plain

自分の「心」が縛られてる状態って?

 

・当たり前に、やりたいこととか好きなことが出来てない状態

➡①思い込み、想像がすごく多い

➡②「~すべき」とか「人のこと、判断してる、監視してる、批判してる」

こういうのが多い人。

 

①と②なくせば、「心」の縛りがほどけるわけ。

まず、①の思い込み、想像がすごく多いっていうのは、

「嫌われてるかも」

「怒られるかも」

「失望されるかも」

これって、想像でしょ。

思い込みって、想像からくるもので、+の想像(好かれてるかも)より-の想像のほうが思い込みになりやすい。

+の想像より-の想像のほうが残りやすい。ポジティブな人よりネガティブな人が多いのは、そういうこと。

期待より不安のほうが肥大化する。それは、心の仕組みだから、しょうがない。

それで、そのマイナスの思い込みは正しいのかって話。

その思い込み、確認した?してないよね。

だから、思い込みって、ほとんど勘違いなんだよね。

だって、確認してないんだから。確認した結果、「嫌われてた」とか「嫌われてなかった」ならいいんだけど、ほとんど、勘違いだと知っておしまい。

だから、「嫌われてるかも」って思ってるなら、確認したほうがいいよ。

「私のこと、嫌いですか?」なんていう、バカな聞き方しないでよ。

ケースバイケースだけど、まだ、そんなに話したことない人だったら、自分から話しかける。向こうから話しかけてこないから、「嫌われてるかも」は、ただの勘違い。

それ、勘違いだったって、確認するために、話しかける。

「勘違いの確認作業。マイナスの思い込みの確認作業。」

          ⇩

これ、めっちゃ、大切やでーーーーーーーー!

 

②は、自分の中の〈ベッキー〉と〈ポリス〉と向き合って、直しましょうっていうこと。

自分の中の〈ベッキー〉と〈ポリス〉ってなんやねんって人。前の記事貼っとくね。

thinkergirl.hatenablog.com

 

thinkergirl.hatenablog.com

 最後にも、リンク貼ってるから見てね♪

リンク先の記事の補足になるけど、

自分が人の目気にしてやりたいことできないのは、失敗してるひと見て笑ってるから。

だから、自分は笑われたくないから、やりたいことできない。

だから、失敗してる人みて、笑うのやめましょうっていうことじゃないからね。

最終的には、そうなればいいけど、マンホールで滑ってる人見たら、駅のホームへ向かう階段で、豪快にこけてる人みたら、誰でも笑っちゃうわけ。

だから、笑うことは、許可していいから。ついでに、「滑っても大丈夫♪」「転んでもいいじゃん♪」って思ってね。

じゃあ、次、自分が失敗する確率が高いものにも挑めるから。

あと、怒る、嫌うっていうのは、自分の中の「ルール」が破られるから、反応して、怒ったり、嫌ったりするわけ。

自分の中のルール=「~すべき」=「ベキってる」=「ベッキー」ね。

遅刻して怒るのは、「時間は守るべき」という「ベッキー」を破られたから、怒るんだよね。

だったら、その「ベッキー」は、みんなの「ベッキー」ではないってこと。

だって、遅刻してるやついるから。

だったら、自分の持ってる「ベッキー」も捨てていいよってことだよ。

だから、遅刻してる奴いたら、怒ってもいいけど、こう思うと、いいよ。

「次、おれ、遅刻しーよう」

するしない関係なく、自分の中の「ベッキー」をなくせばなくすほど、楽になれるからいいよ(笑)

 

thinkergirl.hatenablog.com

 

 

thinkergirl.hatenablog.com

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

読者登録よろーーーー!

  ⇩

 

LINE@もはじめましたー

https://line.me/R/ti/p/%40ael3124x

もしくは、

ID検索で、@ael3124x

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100014513885474